新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

生保協会、2024年度も保育所・放課後児童クラブを対象とした助成活動(総額2,500万円)を実施

生保協会は、2024年度の「子育てと仕事の両立支援に対する助成活動」の応募受付を5月16日より開始する。
同会は、多数の子育て世代が活躍する生命保険業界として、子育てと仕事の両立を推進することを目的に、保育所・放課後児童クラブの受け皿の拡大および質向上の取組みに対し、2014年度より累計2億3,900万円の資金助成を行っている。
女性就業率の高まりを背景に、保育施設利用率は依然として高基調であるとともに、放課後児童クラブの登録児童数も毎年増加している中、2023年度は1,331施設から応募があり、継続して保育所や放課後児童クラブに対する支援の必要性が確認された。
2024年度においても引き続き備品購入、建築・設備工事の資金助成により、子育てと仕事を両立できる環境整備や、施設の安心安全の確保に貢献していく。
【助成概要】
「子育てと仕事の両立支援に対する助成活動」の概要
○助成対象施設
(1)保育施設
(2)放課後児童クラブ
○助成内容
・備品購入費
・建築・設備工事費
○助成金額(総額2,500万円)
1申請当たり15万円または20万円

関連記事(保険業界ニュース)

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】豊田信用金庫と共同寄付スキーム寄付金を贈呈

生保

富国生命、すまいる・こんさーと(岩手)開催

生保

ライフネット生命、環境保全に貢献する「みらいの森づくりプロジェクト」を実施

損保

アニコムホールディングス、『モロッコ大地震・リビア大洪水におけるどうぶつ救援募金』使途を報告

生保

朝日生命、東京湾UMIプロジェクト「アマモ場再生活動」を実施

生保

明治安田生命、「愛と平和のチャリティーコンサート2024」および三枝成彰氏による音楽授業「未来を奏でる教室」を開催

生保

ジブラルタ生命、ベルマーク運動への支援金額が1億円を達成~生命保険会社初

生保共済

日本生協連と石川県生協連、「令和6年能登半島地震」による被災県への支援金として300万円を石川県社会福祉協議会へ贈呈

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】中日信用金庫および埼玉縣信用金庫と2023年度共同寄付スキーム寄付金を贈呈

生保

明治安田生命、山口県内の小中学生の体力向上に資するプロジェクトをスタート

関連商品