新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

住友生命、The Empathy Project Ltd.へ出資、包括的なグリーフケアの取組みを開始

住友生命は、CVCファンド「SUMISEI INNOVATION FUND」から、The Empathy ProjectLtd.(Co-Founder&CEO RonGura、Co-Founder&CTO Yonatan Bergman、以下「エンパシー」)へ出資を行った。
1.出資の背景
住友生命グループはこれまで、保険金の支払いを通じたお客さまの経済的ウェルビーイングだけでなく大切な方がお亡くなりになった際の喪失感や悲しみを乗り越えるためのグリーフケア※1にも貢献してきた。
デジタル化が進展する社会において、保険手続きにとどまらず、グリーフケアについてもデジタルを通じてサービスを提供することが、より多くの方々のグリーフケアの貢献・ウェルビーイングの実現に繋がると考えている。
エンパシーは、心理面、法務面、経済面から包括的にデジタルを通じてグリーフケアを提供することで、ご遺族の方々の不安を解消する課題に取り組んでいる。
こうしたエンパシーのノウハウや知見をグループ全体で収集し、積み上げていくことはWaaS(Well-being asa Service)における「Well-Aging」(年齢を重ねても幸せに過ごすこと)領域において、お客さまのウェルビーイングに貢献できると考え、今回の出資に至った。
まずは、エンパシーのサービスを住友生命の米国子会社であるSymetra Life Insurance Companyにおいて導入し、活用を進めていく。
※1 大切な人と死別した人がその「悲嘆(グリーフ)」を受け入れ、立ち直り、再び日常生活に適応することを見守り、支える「ケア(配慮、心づかい)」のこと。
※2 Vitality健康プログラムを中心とするウェルビーイングに資するサービスエコシステム。
2.エンパシーの提供するサービスの概要
エンパシーは以下のようなグリーフケアに関するサービスをアプリ等を通じて提供している。このようなサービスは世界的にみてもまだ知られてない。
具体的には、24時間365日対応可能なケアマネージャーチームによる心理面のサポートや、遺言書の検認および遺産管理といった法務面のサポート、故人が保有していた各アカウントや登録済みサブスクリプションサービスの無効化など、23ものサービスからパーソナライズされたアクションプランを提案し、包括的なグリーフケアを提供している。

 

関連記事(保険業界ニュース)

生保

住友生命、日本トムソン向けスミセイ・サステナビリティ・リンク・ローンを実行

生保

住友生命、栃木県宇都宮市においてVitalityを活用した連携事業を開始

生保

住友生命、愛知県豊橋市においてVitalityを活用した連携事業を開始

生保

住友生命、“「Vitality」”新CMバナナマン出演「それだけ、じゃ篇」放映開始

生保

住友生命、一時払終身保険の保険料率を改定

生保

住友生命、不妊治療と仕事の両立を支援するWhodo整場(フウドセイバー)のオンラインセミナーを七十七銀行に提供

生保

住友生命、東京大学などと共同で新たな一般社団法人「WE AT」を設立

生保

住友生命、株式会社エナジードとの子どもの教育領域における事業共創を本格化

生保

住友生命、ニュートン・インベストメント・パートナーズが管理・運用する日本株ファンドに投資

生保

住友生命、ウィーン少年合唱団2024へ特別協賛

関連商品