新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

日本生命、「母の日」に関するアンケート調査を実施

日本生命は、「ずっともっとサービス」のサンクスマイルメニューの一つとして、ホームページ内の契約者専用サービスにて、「母の日」に関するアンケート調査を実施した。
≪アンケート概要≫
■実施期間:2024年3月1日(金)~3月15日(金)
■実施方法:インターネットアンケート(「ずっともっとサービス」のサンクスマイルメニュー)
■回答者数:13,029名(男性:6,134名、女性:6,685名、その他・無回答:210名)
《アンケート結果のポイント》
ポイント①
【母の日のプレゼントについて】
○プレゼントを「贈る」と回答した方は全体で75.0%と、昨年から8.6ポイント上昇した。
○都道府県別の「贈る」と回答した方の割合は、1位が佐賀県(91.4%)、2位が福島県(89.8%)であった。
○贈る・貰いたいプレゼントは、「生花・カーネーション」が最多であった。
プレゼントを贈る方のうち、71.8%がプレゼントを「直接会って渡す」と回答し、昨年から2.7ポイント上昇した。
【プレゼントの金額について】
○贈る方のプレゼントの平均予算が5,948円であったのに対し、贈られる方の平均希望金額は4,143円と、1,805円の差があった。
○都道府県別では、プレゼントの予算は「群馬県」が最も高く、希望金額との差も3,408円と最大であった。
ポイント②
【母親とのコミュニケーション頻度について】
○母親と週に1回以上コミュニケーションを取ると回答した方は50.8%と、昨年から9.1ポイント上昇した。
○母親と「月に1~2回以上」コミュニケーションを取る方の70%以上は、母親または配偶者にプレゼントを贈ると回答した。
ポイント③
【母親にしたい著名人について】
○吉永小百合さんが17.2%と8年連続で1位となり、その理由は「優しそうだから」が最多であった。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、百十四銀行との地域のサステナビリティ推進に関するパートナーシップ協定を締結

生保

マニュライフ生命「アジア・ケア・サーベイ2024」を発表~日本の生活者、将来のファイナンシャル・ウェルビーイング実現への期待度がアジアで最下位、退職後に向けた積極的な準備が必要

生保

エヌエヌ生命、家業経営者の父親とその子どもに関する調査品を発表

生保

日本生命、「日本生命トランジション・ファイナンス実践要領」を策定

生保

日本生命、「父の日」に関するアンケート調査を実施

生保

日本生命、「ニッセイ名作シリーズ 2024」公演開始

生保

日本生命、確定拠出年金受託加入者等数100万名突破

生保

日本生命、株式会社ニチイホールディングスの株式取得完了

生保

「営業職員チャネルのコンプライアンス・リスク管理態勢の更なる高度化にかかる着眼点」を踏まえた同社取組状況を発表

生保

アクサ生命、世界16の国と地域で実施、アクサのマインドヘルス調査「心の健康」日本は最下位

関連商品