新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

第一生命、TUSグローバルレジデンス竣工、先端理系人財の育成に資する学生用マンションの運営開始

第一生命、学校法人東京理科大学(以下「理科大」)、東京理科大学インベストメント・マネジメント株式会社(以下「理科大IM」)及び東京理科大学イノベーション・キャピタル株式会社(以下「理科大IC」)は、このたび、東京理科大学野田キャンパス内で共同して整備を進めていた学生用マンション(建物名称:TUSグローバルレジデンス、以下「本物件」)が竣工し、施設の運営を開始した。
本物件は、第一生命と理科大が2019年3月に締結した包括連携協定にもとづき、産学連携による社会課題の解決に向けた不動産開発プロジェクトとして整備を進めてきたものである。野田キャンパス敷地内に新設した300室の学生用マンションとインキュベーション施設の運営を通じて、留学生を含む入居学生の方々に良質な居住・学習環境を提供し、将来グローバルに活躍する先端理系人財の育成、並びに地域・社会の発展に貢献する。
<本物件の主な特徴>
(1)環境シミュレーション技術を活用したウェルビーイングな生活環境のデザイン
(2)「サイトPC工法」の採用による大幅な生産性向上
(3)入居学生のコミュニティ形成とイノベーション創出支援
(4)次世代のキャンパスライフを支える資源循環(サーキュラーエコノミー)の推進
【プロジェクト概要】
建物名称:TUSグローバルレジデンス
所在地:千葉県野田市山崎2668番の1
用途:学生用マンション(300室)・インキュベーション施設
主構造/規模:鉄筋コンクリート造/地上5階建
(延床面積:約7,900m2)
工期:2022年11月~2024年3月
事業者(建物所有者):第一生命保険株式会社
共同事業者(土地所有者):学校法人東京理科大学
建物管理運営者:東京理科大学インベストメント・マネジメント株式会社イノベーション
創出支援・促進:東京理科大学イノベーション・キャピタル株式会社
設計施工:株式会社竹中工務店

関連記事(保険業界ニュース)

生保

イオン・アリアンツ生命、「お客さま本位の業務運営基本方針」の2023年度取組結果を公表

生保

SBI生命、2023年度「顧客中心主義に基づく業務運営方針」にかかる取組結果を公表

生保

日本生命、「日本生命トランジション・ファイナンス実践要領」を策定

生保

第一生命、生成AIを活用したチャットサービス「ICHI-to-Chat」のビジネス実証を実施

損保

セゾン自動車火災、10月に本社オフィスを移転

損保

損保各社、お客様本位の業務運営に関する2023年度取組状況を公表

生保

生保各社、お客様本位の業務運営に関する2023年度取組状況を公表

生保

第一生命、2023年『サラっと一句!わたしの川柳コンクール』ベスト10発表

損保

富国生命、名古屋シミズ富国生命ビルが竣工・開業

損保

SOMPOホールディングス、中期経営計画(2024年度~2026年度)を策定

関連商品