新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

大同生命、すべての子どもたちへ平等に学ぶ“チャンス”を提供

大同生命は、公益社団法人チャンス・フォー・チルドレンを通じ、経済的な理由によって教育を十分に受けることができない子どもたちへ「約80カ月分の学習機会に相当する金額」※を寄付する。
※1カ月あたり2.5万円の学習費で換算。
同社が提供する社長が声をかけあうサイト「どうだい?」において、「どうだい?チャレンジ」(開催期間:2023年11月1日~2024年2月29日)として、その機能を活用した「お題のクリア数に伴う寄付」、開催期間中の「新規会員登録者に応じた寄付」に取り組んだ。
寄付金は経済的な困難を抱える子どもたちが利用できる学習塾や習いごと、体験活動等で利用できるスタディクーポンや体験奨学金に利用される。
今後も「どうだい?」では、社長が声をかけあう輪を広め、経営者のお悩みや課題解決に貢献するとともに、様々な社会貢献活動を通じて「サステナブルな社会」の実現に貢献していく。
<寄付先および寄付内容>
団体名 公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン(ChanceforChildren,Inc.:CFC)
代表者 代表理事:今井悠介、奥野慧
設立日 2011年6月20日
活動内容 経済的な理由によって教育を十分に受けることができない子ども、若者及びその家族に対する支援活動を展開。
寄付内容 どうだい?チャレンジ内のお題達成と、新規会員登録につき100円を寄付
寄付金額 2,015,800円
◆公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン
代表 今井悠介様コメント
「どうだい?に登録する」「どうだい?チャレンジに取り組む」という経営者のみなさまの能動的な行動が、子どもたちの支援につながっています。
支援への応募者は定員を上回っており、まだまだ子どもたちへの支援が足りていない状況のため、みなさまからの寄付金を大切に使わせていただきます。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

T&Dホールディングス、2024年3月末市場整合的エンベディッド・バリューの開示

協会・団体生保

生保協会、2024年度も保育所・放課後児童クラブを対象とした助成活動(総額2,500万円)を実施

共済

こくみん共済coop〈全労済〉、「こくみん共済coop文化フェスティバル2024夏」7月20日から開幕

損保

SOMPOホールディングス、SOMPOケア、「認知症予防を目指した多因子介入によるランダム化比較試験」で成果、「Alzheimer’s&Dementia」(アルツハイマー病協会国際学術誌)に掲載

損保協会・団体

SOMPO環境財団、環境分野の博士号取得支援「学術研究助成」対象者を募集

損保

SOMPO福祉財団、「住民参加型福祉活動資金助成(東日本地区)」を募集

協会・団体損保

SOMPO福祉財団、「自動車購入費助成(西日本地区)」を募集

生保

富国生命、北海道七飯養護学校生徒作品展示会「すまいる・ぎゃらりー」開催

損保

大同火災、令和6年台湾東部沖地震に関する救援金を寄贈

生保

大同生命、2023年度版「健康スコアリングレポート」にてすべての指標の総合評価で2年連続最上位ランクを獲得

関連商品