新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

明治安田生命、「MY Mutual WayII期」(2024~2026年度)を策定

明治安田生命は、4月からスタートする3ヵ年プログラム「MY Mutual WayII期」を策定した。
同社は2020年4月から、「10年後(2030年)にめざす姿」を「『ひとに健康を、まちに元気を。』最も身近なリーディング生保へ」と定めた10年計画「MY Mutual Way2030」に取り組んでいる。
この10年計画のもと、2021年度からスタートした「MY Mutual WayⅠ期」では、制度・インフラ等の抜本的な見直しを行なう4「大」改革と、お客さまの健康づくりと豊かな地域づくりに貢献する2「大」プロジェクト(「みんなの健活プロジェクト」および「地元の元気プロジェクト」)の取組みに、デジタルトランスフォーメーション戦略(DX戦略)を融合させることで、「10年後(2030年)にめざす姿」への成長軌道の確保に取り組んできた。
その結果、企業価値を示すグループサープラスや、健全性・収益性・成長性を示す経営目標において、中期経営計画の目標を概ね達成する見込みであるとともに、4「大」改革等を通じた各分野における態勢の高度化・強化を実現するなど、所期の目標を達成することができた。また、2023年度のお客さま満足度(総合満足度)は5年連続で過去最高値を更新した。
■「MY Mutual WayII期」(2024~2026年度)の概要
(1)「MY Mutual WayII期」でめざす姿
2024年4月からスタートする3ヵ年プログラム「MY Mutual WayII期」では、「生命保険会社の役割を超える」ことをめざしていく。この言葉には、「保障とアフターフォローの提供」という生命保険会社の従来の役割を大切にしながら、2「大」プロジェクトの取組みを強化することで、「ヘルスケア・QOLの向上」と「地域活性化」という2つの方向にさらに役割を拡充していく、という強い想いが込められている。
これらを必ず実現する、という決意を込めて、同社のブランド通称を「明治安田生命」から「明治安田」とした。
本プログラムでは、社会課題の解決に貢献する取組みをさらに進め、グループベースの持続的な成長を実現し、お客さま・社会への還元の拡充をめざしていく。
国内生命保険事業では、コンプライアンス違反の根絶を大前提に、お客さまのQOL向上に資する「保障ビジネスの高度化」と資産形成ニーズの高まりをふまえた「貯蓄ビジネスの再構築」に取り組み、「シェアの拡大」をめざしていく。加えて、資産運用の高度化と海外保険事業の拡充を通じて、グループベースの収益の拡大を図っていく。
また、人財およびIT・デジタル領域等への先行投資の拡充により、さらなる態勢強化を図る。
そして、自治体や他企業・団体との共創を通じた新たな価値(多元的価値)の創造・提供に取り組んでいく。
(2)経営戦略の概要
国内生命保険事業・資産運用・海外保険事業を成長領域とした「成長戦略」と、これを支える経営資源の拡充や経営態勢の強化等に取り組む「経営基盤拡充戦略」を推進していく。
これらの推進によって2「大」プロジェクトの取組みを強化し、あわせて、同社ブランド創造の取組みの強化に向けた「ブランド戦略」を推進する。
また、ボトムアップの活動を通じて「明治安田」の風土醸成に取り組む「企業風土・ブランド創造運動(第II期)」を推進していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

明治安田生命、団体年金保険(一般勘定)の予定利率を引き下げる一方で利率上乗せ特則を導入し3年間は実質利率アップへ

生保

明治安田生命、新作CM「ベストスタイルGoodCycle」篇を放映開始

生保

朝日生命、新中期経営計画「ネクストA-『2030年のありたい姿』の実現に向けて-」を策定

生保

大樹生命、中期経営計画2026「全緑前進~お客さまとともに、100周年とその先に向けて~」を策定

生保

なないろ生命、ブランドメッセージ「あきらめないで、いい保険。」を策定

生保

日本生命、一時保育マッチングサービス「ちょこいく」を事業化

生保

はなさく生命、営業開始5周年

生保

明治安田生命、2024年度新入職員向けメッセージ を公表

生保

明治安田、新企業イメージCM「明治安田ブランドステートメント」篇を放映開始

生保

T&Dホールディングス、設立20周年記念事業を展開

関連商品