新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

日本生協連、「老後」への意識についてのアンケート調査を実施

日本生協連は、「老後」への意識調査の結果を取りまとめた。
本調査は、「人生100年時代」と言われている昨今において、老後に向けて現時点でどのような意識を持ち、備えをしているのかを明らかにすることを目的に、まだ老後を迎えていないと言われている20~50代の組合員を対象にWEBアンケートを実施した。
(調査期間:2023年12月5日~12月11日、有効回答数:6,093件)
【調査結果の主なトピック】
■老後について具体的に不安に感じていることとして7割が「生活費・金銭面」と回答。老後に備えていることも「貯蓄」が全年代でトップに。
自身の老後について、不安に感じていることについて尋ねたところ、1位は「生活費・金銭面」で71.6%だった。年代別に見ると30代が最も高く、79.3%で、最も低かった年代は50代で64.5%だった。次に多かった回答は「心身の健康」で、全体の66.5%が不安に感じていた。特に50代は67.9%と高い一方で、20代は47.9%であることから、年代が上がるにつれて「心身の健康」に不安を感じる傾向にあることがわかった。また、老後に備えて今から行っていることについて尋ねたところ、全体で「貯蓄」(45.0%)と回答した割合が最も多く、全年代でトップになった。次に、「栄養バランスを考えた食生活」(29.8%)が続き、年代が上がるにつれて割合も高くなり、年代差が如実に現れる結果となった。
■全体の50%以上が老後の健康のために、「食生活に気を付ける」と回答。「食生活に気を付けている」人ほど老後をポジティブに捉える傾向に。
全体の54.0%が老後の健康のために現在気を付けていることとして「食生活に気を付ける」と回答した。全年代で最も多い回答ですが、中でも50代は、59.9%と最も高く、老後の健康意識のために現在の食生活に関心があることがうかがえる。また、「食生活に気を付ける」と回答した人の中で具体的に気を付けていることは、1位「栄養バランスを考えた食事をとる」(69.6%)、2位「野菜を食べる」(64.7%)、3位「塩分を摂りすぎない」(55.4%)という結果になった。さらに、自身の老後をどのように捉えているかについての設問では、食生活に気を付けている人ほど「ポジティブ(前向き)にとらえている」「どちらかというとポジティブにとらえている」と回答し、食生活に気を付けていない人は老後を「ネガティブに捉えている」と回答する割合が多いことがわかった。食生活に気を付けていることで、老後に不安を感じることが少なく、自信を持ちやすいと考えられる。
■老後の健康について今の時点でほしい情報は「からだ・病気についての情報」(40.2%)が1位に。
老後の健康について、今の時点でほしい情報トップ3は「からだ・病気についての情報」(40.2%)、「食事・栄養についての情報」(35.9%)、「運動についての情報」(28.3%)となった。年代別で最も差が開いた項目は「健康に良い習慣についての情報」で、20代は33.1%と高く、50代は14.3%だった。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

明治安田生命、「家計」に関するアンケート調査を実施

損保

アイペット損保、ペットと楽しむイベントに関する調査を実施

生保

ジブラルタ生命、身体と心の健康づくりに関する調査2024を実施

損保

三井住友海上、「上司が挑戦していないとモチベが下がる」若手が約6割、社会人800名を対象に【挑戦に関する意識調査】を実施

生保

ライフネット生命、認知症に関する調査を実施

生保

日本生協連、FSCジャパンが主催する「FSCエデュケーション・プログラム」および「第5回FSCアワード」に協賛

損保

au損保、自転車利用時のヘルメット着用率を調査

生保

エヌエヌ生命、中小企業の賃上げとリスキリングに関する調査

損保

アイペット損保、ペットの支出に関する調査を実施

生保

第一生命、第35回「大人になったらなりたいもの」調査結果を発表

関連商品