新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

生保7社、企業年金の制度管理事務における共通プラットフォームの構築完了

日本生命、第一生命、ジブラルタ生命、大樹生命、富国生命、明治安田生命、および住友生命の生命保険会社7社は、お客様サービスの一層の向上を目指すとともに、「人生100年時代」における安定的な企業年金制度の運営を実現するために、各生命保険会社の事務領域に係る共通プラットフォームの構築を進めてきた。
今般、企業年金ビジネスサービス株式会社(以下「CPBS」)と日本企業年金サービス株式会社(以下「JPS」)が、設立以来22年余りにわたりそれぞれ構築してきた業務・システムをCPBSに集約・統合の上、大樹生命、富国生命、明治安田生命、および住友生命の確定給付企業年金制度に関する制度管理事務についてJPSからCPBSへ委託先変更を行い、共通プラットフォームの構築を完了した。
CPBSは、わが国の企業年金制度にかかる社会インフラの一翼を担う存在として、一層のガバナンス強化を図りつつ、お客様のさらなる利便性向上に取り組んでいく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

明治安田生命、アバターによるオンライン面談サービス開始

生保

ジブラルタ生命、身体と心の健康づくりに関する調査2024を実施

生保

大樹生命、FLAKE CUP 2024に協賛

生保

第一生命、全国市民ランナー応援プロジェクト「RunwithYou」2024年度スタート

生保

ジブラルタ生命と吉本興業、金融リテラシー教育の分野で協業

生損

富国生命、フコクしんらい生命、共栄火災、全信懇「第43回信用金庫PRコンクール」「第43回信用金庫PRコンクール」の最優秀賞・審査員特別賞が決定

生保

日本生命、シンガポール子会社がインド子会社を設立

生保

日本生命、米ドル建劣後特約付社債を発行

生保

住友生命、男子プロゴルファー蝉川泰果プロとのスポンサー契約締結

生保

第一生命、「RE100(100%再生可能エネルギー化)」達成企業に認定

関連商品