新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

太陽生命、東急株式会社に対する「サステナビリティ・リンク・ローン」を実施

太陽生命は、ESG投資の一環として、東急株式会社へのサステナビリティ・リンク・ローン(以下、「SLL」)を実行した。
SLLは、借り手のESG戦略に対して設定されたサステナビリティ・パフォーマンス・ターゲット(以下、「SPT」)の達成状況に応じて、金利条件等の貸付条件が変動する仕組みとなっており、持続可能な社会の実現を推進するローン手法である。
本SLLは、東急株式会社が2022年9月に策定したサステナブルファイナンス・フレームワークを活用した取り組みである。本フレームワークは、株式会社日本格付研究所(JCR)から、環境省による「サステナビリティ・リンク・ボンドガイドライン(2022年版)」および「サステナビリティ・リンク・ローンガイドライン(2022年版)」などの原則への準拠性と設定した目標の合理性について第三者意見を取得している。
<概要>
・借入人:東急株式会社
・実行日:2024年2月29日
・KPI:借入人および連結子会社のCO2排出量(総量ベース、Scope1およびScope2)
の削減率
・SPT:2030年度までに2019年度比CO2排出量46.2%削減
インセンティブ:SPT達成状況に応じた金利スプレッド優遇
・SDGs:同社SPT達成を通じて、SDGsの下記目標の達成に貢献する。
同社は、2007年3月に日本の生命保険会社として初めて「責任投資原則(PRI)」(※)に署名し、環境(E)、社会(S)、企業統治(G)の課題に十分配慮し、持続可能な社会の実現に向けた資産運用を行っている。今後とも、責任ある機関投資家として、「T&D保険グループESG投資方針」に基づき、事業活動を通じて社会的課題の解決に貢献する取組みを進めていく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

太陽生命、苦情対応に関する国際規格「ISO10002」への適合性に関する「第三者意見書」を取得

生保

太陽生命、2024年度入社式社長メッセージを公表

生保

太陽生命、健康経営に資する「骨の健康」に着目した共同研究開始

生保

太陽生命、3月22日から公開の映画、『四月になれば彼女は』とのタイアップを決定

生保

太陽生命、U9ジャパンカップ2024第12回全日本小学生低学年選抜アイスホッケー大会へ特別協賛

生保

太陽生命、8年連続で「健康経営優良法人(ホワイト500)」に認定

生保

太陽生命、クアオルト健康ウオーキングアワード2023の受賞団体決定

生保

太陽生命、『Fantasy on Ice2024』に特別協賛

生保

太陽生命、4月1日機構改革

生保

太陽生命が協賛するジュニアアイスホッケースキルアップスクール(アイスホッケー教室)3月2日に京都府宇治市で開催

関連商品