新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

FWD生命、2023年度第3四半期の業績発表

FWD生命は、2023年度第3四半期(2023年4月1日~2023年12月31日)の業績の概要を発表した。保険料収入は、第三分野商品は407億円と前年同期比11.0%増加となったが、保険料収入全体としては、前年同期比3.5%減少の1,390億円となった。
基礎利益は3億円(前年同期は△39億円)、最終損益は344億円となった(前年同期は△16億円)。
2023年10月に、持続的なリスク管理計画の一環として、資本水準の向上及び資産と負債の総合管理(ALM)の改善を目的に「低解約返戻金型終身保険/保険料払込免除特約付低解約返戻金型終身保険(E終身)」について、一部の契約群を除き、共同保険式再保険により出再しており、当再保険の実施が最終損益344億円の主な原因となっている。
それに伴い、有価証券の売却による所要の再保険料を支払ったことが主な要因となり、総資産は7,608億円となった。一方で財務基盤は強化され、保険会社の経営の健全性を示す指標の一つであるソルベンシー・マージン比率は2023年12月末時点で1,425.1%となり(前年度末から383.6ポイント増加)、十分な支払い能力を有している。
同社は、今後も「人々が抱く『保険』に対する感じ方・考え方を刷新すること」というビジョンの実現に向け、お客さまに独自性豊かな商品や、新たな顧客体験を提供していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

FWD生命、「価格.com 保険アワード2024年版」において生命保険収入保障保険部門で 4年連続第1位を受賞

生保

FWD生命、医療保険の給付金請求で診断書不要の範囲拡大など簡略化

生保

FWD生命、「健康経営優良法人2024」に認定

生保

イオン・アリアンツ生命、2023年度第3四半期業績を発表

生保

日本生命、連結業績予想を上方修正

損保

トーア再保険、2024年3月期第3四半期業績を発表

生保

日本生命、2023年度第3四半期報告を発表

損保

ソニー損保、2024年3月期第3四半期決算概要を発表

生保

メットライフ生命、2023年度第3四半期報告を発表

生保

マニュライフ生命、2023年度第3四半期報告を発表

関連商品