新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

生保協会、2023年度代理店業務品質調査に基づく認定代理店を決定

生保協会は、2月22日の代理店業務品質審査会(議長:洲崎博史 同志社大学大学院司法研究科教授)において2023年度調査に基づく認定代理店を決定した。
生保協会では、業務品質評価基準の「基本項目」をすべて達成していると認められる代理店を認定代理店とし、認定代理店となった後も毎年、認定継続の可否を判断するために同協会による「更新調査」の受審を定めている。
2023年度調査においては、「初回調査」により42社(※)を新たに認定した。また、「更新調査」では2022年度調査において認定代理店となった42社全てを認定継続とした。
今後とも同協会では、本運営をはじめ会員各社の顧客本位の業務運営の後押しや充実に取組み、生命保険事業の健全な発展および社会からの信頼の維持・向上に努めていく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

朝日生命、新中期経営計画「ネクストA-『2030年のありたい姿』の実現に向けて-」を策定

生保

大樹生命、中期経営計画2026「全緑前進~お客さまとともに、100周年とその先に向けて~」を策定

生保

なないろ生命、ブランドメッセージ「あきらめないで、いい保険。」を策定

生保

日本生命、一時保育マッチングサービス「ちょこいく」を事業化

生保

はなさく生命、営業開始5周年

生保

T&Dホールディングス、設立20周年記念事業を展開

生保

第一生命ホールディングス、第一生命と第一フロンティア生命における責任投資の中期取組方針(2030年3月迄)を策定

生保

第一生命ホールディングス、新中期経営計画策定およびグループ企業理念改定

損保

損保ジャパン、【国内初】物流の2024年問題に対応した新補償開発

生保

SOMPOひまわり生命、新企業スローガン「あなたらしい健康が、咲き誇る。」を発表

関連商品