新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

アフラック生命、「ゴールドリボンウオーキング2024」に特別協賛

アフラック生命は、小児がんに関する啓発活動の一環として、4月20日(土)に開催される「ゴールドリボンウオーキング2024」(主催:ゴールドリボンウオーキング実行委員会)に特別協賛する。
「ゴールドリボンウオーキング」は、2007年からスタートした小児がんの子どもたちとその家族を応援するチャリティーイベントで、今回で通算16回目を迎える。小児がんに対する正しい知識と理解の普及および社会における支援体制の確立を目指しており、これまで延べ3万9千人以上が参加した。また、イベントを通じた小児がん診療病院や小児がん関連団体などへの寄付金額は、3,500万円以上にのぼる。
出発式では小児がん経験者の闘病中の体験談や想いを伝えるスピーチなどを予定しており、ウォーキングイベントでは小児がん支援のシンボルマークである“ゴールドリボン”のグッズを身に着けながら、3~5キロのコースをウォーキングする。
また、会場内ではレモネードを販売し、その売り上げを小児がん支援団体などへ寄付する「レモネードスタンド」も実施する予定である。
■「ゴールドリボンウオーキング2024」の概要
【日時】2024年4月20日(土)10:00~13:30(小雨決行)
【場所】お台場シンボルプロムナードセントラル広場(東京都江東区)
【主催】ゴールドリボンウオーキング実行委員会
【参加費】大人:1,500円/小中学生:700円/未就学児無料
【申込方法】公式サイト
【申込期間】2024年2月15日(木)~3月15日(金)まで(予定)
※参加費は、一部経費を除き小児がん診療病院や医療研究機関、小児がん関連団体などへの支援を目的に寄付される。
※寄付のみの受付も行っている。
今年11月、同社は日本における創業50周年という大きな節目を迎える。
1974年に日本初のがん保険とともに創業して以来、「がん保険のパイオニア」として、最も長くがんと向き合い、多くのがんと闘う人々を応援してきた。さらに、がんに関する社会的課題をさまざまなステークホルダーと連携・協業して包括的に解決する「キャンサーエコシステム」の構築にも取り組んでいる。
同社がこれまで続けてきた小児がんの子どもたちとその家族を支援する活動も、「キャンサーエコシステム」の取り組みの一環である。これからも独自の資源と専門性を活かして同社が向き合うべき社会的課題の解決に最大限努力し、新たな共有価値を創造することで、ステークホルダーの皆様からの期待と信頼に応えていく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

FWD生命、子ども虐待防止『オレンジリボン運動』支援のための募集代理店との協同寄付を実施

損保

SBI損保、「乳がんの早期発見・早期診断・早期治療」の大切さを伝えるピンクリボン運動へ協賛

損保共済

こくみん共済coop〈全労済〉、日本環境協会「こどもエコクラブ」との共創による、防災・減災プログラム「みんなでBosai×EcoCAMP」の表彰式・防災体験学習を開催

損保

アニコムホールディングス、『台湾東部沖地震におけるペット救援募金』を実施

損保

あいおいニッセイ同和損保、ADテレマイレージの寄付先に「2024年台湾東部沖地震救援金」を追加

損保

SOMPOホールディングス、2024年台湾東部沖地震による被災地・被災者を支援

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】新潟信用金庫と共同寄付スキームの取扱い開始

損保

大同火災、那覇市へランドセルカバー寄贈

生保

ジブラルタ生命、中学生向け金融教育コンテンツ「将来とお金の入門教室」をリリース

生保

住友生命、2024年度「スミセイアフタースクールプログラム」実施団体公募開始

関連商品