新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

かんぽ生命、自然に関するスチュワードシップイニシアチブ「Spring」の投資家ステートメントにEndorserとして署名

かんぽ生命は、新たに設立された自然に関するスチュワードシップイニシアチブ「Spring」の投資家ステートメントにEndorser(注1)として署名した。
Springは、投資家がスチュワードシップ活動を通じて自然に対するポジティブな影響を生み出すためのイニシアチブで、国連が支持するPRI(責任投資原則)(注2)により設立された。Springは、2030年までに生物多様性の損失を食い止め、回復させるという目標に、投資コミュニティが最大限の貢献をすることを目指しており、まずは生物多様性の損失の原因である森林喪失と土地劣化にフォーカスし、投資先企業等に働きかけていくこととしている。
同社は、PRIの署名機関であり、「投資家のスチュワードシップを通じて自然へのポジティブな影響を促進する」というSpringの目的を支持し、投資家ステートメントにEndorserとして署名することとした。
同社では、これまでも責任ある機関投資家として、投資先企業等の活動を通じた自然との関わりを認識し、「環境保護への貢献」を重視するとともに、投資判断や投資先企業との対話等において、自然資本や生物多様性を考慮してきた。
今回の署名もふまえ、資産運用を通じた自然・環境問題の解決への貢献をさらに積極的に図っていく。
(注1)Endorserは、投資家ステートメントへの署名により、公式にSpringを支持(Endorse)するPRI署名機関。かんぽ生命はEndorserであり、Springにおけるエンゲージメント活動には参加していない。
(注2)PRI(責任投資原則)は、投資を通じてESG(環境、社会、企業統治)に関する責任を果たすための国際的な枠組みであり、世界の多くの機関投資家が署名している。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

かんぽ生命、対面営業AIアプリの試行を開始~スタートアップ企業のイノベーション創出力を活かした取組み

生保

かんぽ生命、国内公募劣後特約付無担保社債の発行に係る条件決定

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】新潟信用金庫と共同寄付スキームの取扱い開始

生損

MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス、森林ファンドに投資~SDGsの実現に貢献

生保

かんぽ生命、一般社団法人日本車いすテニス協会のトップパートナー継続

生保

かんぽ生命、一般社団法人日本ボッチャ協会ゴールドトップパートナー継続

生保

第一生命、同社初となる、「DLサステナビリティ・リンク・ローン・フレームワーク」に基づく融資を実行

生保

T&Dホールディングス、<設立20周年記念事業>企業版ふるさと納税による寄付を実施

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、大災害債「Tomoni Re 2024」をグループ共同で発行

生保

住友生命、DWSが運用するインフラデットファンドに330億円投資

関連商品