新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

第一生命、第76回「保健文化賞」の募集開始

第一生命は、保健衛生および関連する福祉等の分野において、優れた功績をあげた団体および個人に贈る第76回「保健文化賞」(2024年度)の募集を、2月1日(木)より開始する。
保健文化賞は、今年で第76回を迎えることとなった。累計で1千件を超える方々への顕彰を通じて保健衛生の向上に寄与し、権威ある賞として高い評価をえている。第75回の節目を迎えた昨年には、長年に渡る本賞の継続に対し、厚生労働大臣より感謝状が贈られた。
同社は創業以来、生命保険事業を通じた社会課題解決への貢献とともに、国民の健康、保健衛生の向上に努めてきた。1934年には「保生会」を設立して当時の国民病であった結核予防に取り組み、戦後間もない1950年に衛生環境が悪化する中、日本の保健衛生向上に貢献することを目的として、保健衛生に従事する方々の功績や労苦に対し、「感謝」と「敬意」を捧げるために本賞を創設した。
創設当時は結核や栄養不足、その後は生活習慣病対策、高齢者・障がい者福祉、国際保健など、その時代におけるさまざまな課題に取り組まれた方々を顕彰してきた。これまでに受賞された方々は全都道府県に及び、団体732、個人375名、合わせて1,107にのぼる。
受賞者は9月上旬に決定し、東京で開催される贈呈式で表彰される。例年、受賞者は贈呈式後に天皇陛下の拝謁の栄に浴している。(やむを得ない事情により、予定を変更する場合がある)
当事業は同社が掲げる社会貢献活動の中心取組みテーマの1つである「健康の増進」に資するものであり、SDGsの目標3「すべての人に健康と福祉を」に貢献するものである。同社は今後も、保健衛生の向上に寄与するとともに、生命保険業を通じて「安心」と「健康」を届けることで社会に貢献していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

SOMPOホールディングス、SOMPOケア、4月16日から、SOMPOが創る「未来の介護」を紹介するウェブ動画を公開

生保

FWD生命、子ども虐待防止『オレンジリボン運動』支援のための募集代理店との協同寄付を実施

損保

SBI損保、「乳がんの早期発見・早期診断・早期治療」の大切さを伝えるピンクリボン運動へ協賛

生保協会・団体

生保文化センター、「生命保険と税金の知識」改訂

損保

イーデザイン損保、能登半島地震発生後100日を機に「そのときクルマに乗っていたら?スクショ防災」特設サイトを開設

損保共済

こくみん共済coop〈全労済〉、日本環境協会「こどもエコクラブ」との共創による、防災・減災プログラム「みんなでBosai×EcoCAMP」の表彰式・防災体験学習を開催

損保

アニコムホールディングス、『台湾東部沖地震におけるペット救援募金』を実施

損保

あいおいニッセイ同和損保、ADテレマイレージの寄付先に「2024年台湾東部沖地震救援金」を追加

損保

SOMPOホールディングス、2024年台湾東部沖地震による被災地・被災者を支援

生保

第一生命、「RE100(100%再生可能エネルギー化)」達成企業に認定

関連商品