新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

メットライフ生命、「メットライフ生命クラブオフ」の利用実績と連動した寄付活動を開始

メットライフ生命は2月1日から、「もし100専門家サポート(商品付帯サービス)※1」の一つである、宿泊・レジャー施設等の優待サービス「メットライフ生命クラブオフ」を利用した寄付活動を実施する。
同社のお客さま※2は、「メットライフ生命クラブオフ」(提供:株式会社リロクラブ)を通じて、国内外のホテルやレストラン、スポーツクラブや健康・介護に関するサービスなどを会員優待価格で利用できる。2月1日からは、同社の「ご契約者さまWEBサービス」からシングルサインオン認証でつながり、より簡単にアクセスできるようになる。
今回実施する寄付活動は、株式会社リロクラブが「メットライフ生命クラブオフ」のサービス利用実績に応じた金額を、「公益財団法人日本対がん協会※3」に寄付するものである。お客さまには「メットライフ生命クラブオフ」を利用することにより、同協会が行っているがんに関するさまざまな活動を間接的に支援し、サステナビリティへの貢献の一翼を担ってもらう。
なお、同社では昨年12月に「さまざまなガン治療に対応し、治療が続く限りお客さまに寄り添う」をコンセプトとして『終身ガン保障保険(無解約返戻金型)<ガードネクスト>』を発売した(2023年11月21日プレスリリース「メットライフ生命、終身ガン保険「ガードネクスト」を発売」)。
同社は、今後も引き続き、「もしも私が、100まで生きるなら。」というテーマのもと、お客さまに寄り添い続け、お客さまの多様なニーズをさらに満たすよう、商品付帯サービスを充実させていく。
※1 商品付帯サービスは、メットライフ生命の保険商品に加入されたお客さまが、契約後に利用できるサービスである。2024年1月時点のものであり、将来予告なく変更もしくは中止される場合がある。これらの商品付帯サービスはメットライフ生命が委託ないし提携する各サービス会社が提供する。いずれも保険契約による保障とは異なる。サービスにより生じた損害・損失については、メットライフ生命では責任を負いかねる。利用の際には諸条件があり、要望に沿えない場合がある。サービスの利用に際しては、各サービス提供会社の利用規約等に同意する必要がある。サービスに利用料金が生じる場合は、利用者の負担となる。利用者の状況または相談内容により、相談の制限・停止をする場合がある。
※2 会員登録は、契約者本人のみが可能となる。また、原則として、同居する会員の家族(配偶者、1親等まで)も利用できるが、サービス内容によっては、利用の対象者が異なる場合がある。(法人契約、グループ保険に加入しているお客さまは利用できない。)
※3 公益財団法人日本対がん協会は、がんで苦しむ人や悲しむ人をなくしたいという目標を掲げ、1958年から60年以上にわたり民間の立場でがん対策に取り組んでいる。「がん予防・がん検診の推進」「がん患者・家族の支援」「正しい知識の普及啓発」を中心に活動をしている。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

FWD生命、子ども虐待防止『オレンジリボン運動』支援のための募集代理店との協同寄付を実施

損保

SBI損保、「乳がんの早期発見・早期診断・早期治療」の大切さを伝えるピンクリボン運動へ協賛

損保共済

こくみん共済coop〈全労済〉、日本環境協会「こどもエコクラブ」との共創による、防災・減災プログラム「みんなでBosai×EcoCAMP」の表彰式・防災体験学習を開催

損保

アニコムホールディングス、『台湾東部沖地震におけるペット救援募金』を実施

損保

あいおいニッセイ同和損保、ADテレマイレージの寄付先に「2024年台湾東部沖地震救援金」を追加

損保

SOMPOホールディングス、2024年台湾東部沖地震による被災地・被災者を支援

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】新潟信用金庫と共同寄付スキームの取扱い開始

損保

大同火災、那覇市へランドセルカバー寄贈

生保

ジブラルタ生命、中学生向け金融教育コンテンツ「将来とお金の入門教室」をリリース

生保

住友生命、2024年度「スミセイアフタースクールプログラム」実施団体公募開始

関連商品