新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

住友生命グループ、資産運用立国実現に向けた取組みを公表

住友生命は1月23日、資産運用立国実現に向けた取組みを以下のとおり公表した。
1.住友生命グループの経営戦略
住友生命は、「社会公共の福祉に貢献する」という普遍的な使命をサステナビリティの視点から明文化した「サステナビリティ経営方針」を策定し、保険事業の根幹である保険金等の支払いを正確、迅速かつ確実に遂行するため、中長期にわたり安定した資産運用に取り組むことによる「保険事業の健全な運営」等を掲げている。
同経営方針の実現に向け、2030年に向けたグループの目指す姿として「住友生命グループVision2030」を策定し、2030年にありたい姿を「ウェルビーイングに貢献する『なくてはならない保険会社グループ』」とした。また、それを踏まえ、2023年4月から新3か年計画「スミセイ中期経営計画2025」を策定し、すべてのステークホルダーにウェルビーイング価値を提供することを目指している。
こうした同社グループの経営戦略は、政府が発表した「資産運用立国実現プラン」の方向性とも合致している。
2.住友生命グループの取組み
下記の3つの取組みを一層推進することで、すべてのステークホルダーにウェルビーイング価値を提供するとともに、資産運用立国の実現に貢献していく。
a.商品・サービスの提供
お客さまの幅広い資産形成ニーズに応える観点から、商品ラインアップの拡充を進めている。また、ライフプラン等に沿ったコンサルティングを実施し、お客さまに最適な保険を届けていく。
b.資産運用力向上の取組み
お客さまの資産形成に資する魅力ある商品を提供するため、次の取組みを行う。
①多様な資産への投資
②スチュワードシップ活動の更なる充実
③人財育成への取組み
④優秀な新興資産運用会社の開拓
c.金融リテラシー向上への貢献
お客さまの長期的な資産形成をサポートすべく、企業に勤めている皆さまや、将来を担う世代といった多くの方々へ、金融リテラシー向上に資する様々なセミナーを提供していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

明治安田生命、女性活躍推進法に基づく行動計画を策定

生保

第一生命、営業員チャネルのコンプライアンス・リスク管理態勢の更なる高度化に向けた取組み状況を公表

損保

セゾン自動車火災、「SOMPOダイレクト損害保険株式会社」(英文名:SompoDirectInsuranceInc.)に商号変更

生保

住友生命、「日本ソサイチ連盟」「NeO LACROSSE CLUB」に特別協賛

生保

大同生命、横浜市中区本町に「大同生命横浜ビル」が竣工

生保

アフラック生命、50周年特別サイトを公開

生保

エヌエヌ生命、「マルチステークホルダー方針」を公表

生保

PGF生命、プロフリークライマー野口啓代さんとの対談記事を公開

生保損保

ソニーフィナンシャルグループ各社、名刺にソニーが開発した環境に配慮した紙素材「オリジナルブレンドマテリアル」を導入

生保

かんぽ生命、国内公募劣後特約付無担保社債の発行に係る条件決定

関連商品