新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

大樹生命、「巨樹・古木の診断イベント」実施

大樹生命は、一般社団法人日本樹木遺産協会に協賛し、地域の財産である巨樹・古木の保全に取り組んでいる。
今般、2023年11月に(一社)日本樹木遺産協会による巨樹・古木の診断イベントを実施した。
診断イベントは、神奈川県三浦市の光照寺で行われ、さまざまな世代の人が参加された。
光照寺にある推定樹齢600年以上の「スダジイ」について、樹木医が専用の計測器を使用し、樹木の内部がどのぐらい腐朽しているかを調べた。
診断結果について、樹木の腐朽率は、75%だった。この腐朽率は、樹齢が高い樹木としてはよく見られるが、倒木の危険もあることから、同社は、日本樹木遺産協会への協賛を通じ、樹木医による定期的な診断・治療を行っていく。
同社は今後も、社会の一員として豊かな社会の実現につながるよう、地域に根ざした社会貢献・環境保護活動に努めていく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

あいおいニッセイ同和損保、産学連携:上智大学との連携講座を今年度も開講

損保

アニコム損保、親猫にはない新規の遺伝子変異により筋ジストロフィーを発症したネコの症例を報告

生保

大樹生命、FLAKE CUP 2024に協賛

生保

ライフネット生命、「東京レインボープライド2024」にブース出展

生保

FWD生命、子ども虐待防止『オレンジリボン運動』支援のための募集代理店との協同寄付を実施

損保

SBI損保、「乳がんの早期発見・早期診断・早期治療」の大切さを伝えるピンクリボン運動へ協賛

損保共済

こくみん共済coop〈全労済〉、日本環境協会「こどもエコクラブ」との共創による、防災・減災プログラム「みんなでBosai×EcoCAMP」の表彰式・防災体験学習を開催

損保

アニコムホールディングス、『台湾東部沖地震におけるペット救援募金』を実施

損保

あいおいニッセイ同和損保、ADテレマイレージの寄付先に「2024年台湾東部沖地震救援金」を追加

損保

SOMPOホールディングス、2024年台湾東部沖地震による被災地・被災者を支援

関連商品