新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

メットライフ生命、広島銀行と共同社会貢献プログラム第33期寄付金を贈呈

メットライフ生命とCSR(企業の社会的責任)の一環として、2007年7月から株式会社広島銀行が共同で取り組んでいる「社会貢献プログラム」の第33期の寄付金を、下記のとおり贈呈した。
1.第33期(2023年4月~2023年9月)寄付金の贈呈について
(1)贈呈者広島銀行、メットライフ生命
(2)贈呈先・公益財団法人ひろしまこども夢財団
・広島県内の社会福祉法人として組織化されている児童養護施設(12施設)
・広島県内の社会福祉法人として組織化されている乳児院(2施設)
・広島県内の社会福祉法人として組織化されている里親会(2施設)
(3)金額 678,000円(広島銀行339,000円、メットライフ生命339,000円)
(4)贈呈 日12月15日(公益財団法人ひろしまこども夢財団に目録を贈呈)
2.「共同社会貢献プログラム」について
(1)目的
広島銀行とメットライフ生命は、次代を担う子どもたちが平等な教育・社会参加ができ、健やかに生まれ育つ環境をつくるための社会貢献活動にそれぞれが取り組んでおり、本取組みは、その一環として、公益財団法人ひろしまこども夢財団の行う、子育て家庭応援関連事業ならびに広島県内で活動している社会福祉法人を支援するものである。
(2)寄付方法
広島銀行がメットライフ生命の一時払の個人年金保険および終身保険を6ヵ月間で販売した件数に2,000円を乗じた金額を、広島銀行およびメットライフ生命双方で折半し寄付している。
(3)第1期から第33期までの寄付金累計額
30,006,000円(広島銀行15,003,000円、メットライフ生命15,003,000円)
広島銀行とメットライフ生命は、子どもたちが健やかに生まれ育つ環境づくりに今後も取り組んでいく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

FWD生命、子ども虐待防止『オレンジリボン運動』支援のための募集代理店との協同寄付を実施

損保

SBI損保、「乳がんの早期発見・早期診断・早期治療」の大切さを伝えるピンクリボン運動へ協賛

損保共済

こくみん共済coop〈全労済〉、日本環境協会「こどもエコクラブ」との共創による、防災・減災プログラム「みんなでBosai×EcoCAMP」の表彰式・防災体験学習を開催

損保

アニコムホールディングス、『台湾東部沖地震におけるペット救援募金』を実施

損保

あいおいニッセイ同和損保、ADテレマイレージの寄付先に「2024年台湾東部沖地震救援金」を追加

損保

SOMPOホールディングス、2024年台湾東部沖地震による被災地・被災者を支援

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】新潟信用金庫と共同寄付スキームの取扱い開始

損保

大同火災、那覇市へランドセルカバー寄贈

生保

ジブラルタ生命、中学生向け金融教育コンテンツ「将来とお金の入門教室」をリリース

生保

住友生命、2024年度「スミセイアフタースクールプログラム」実施団体公募開始

関連商品