新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

車いすテニスのジュニア大会「かんぽ生命カップ2023」が福岡県飯塚市で開催

かんぽ生命が冠スポンサーを務める、車いすテニスのジュニア大会「かんぽ生命カップ2023」(主催:一般社団法人日本車いすテニス協会、以下「JWTA」)が、11月25日~26日に福岡県飯塚市で開催された。
かんぽ生命カップは、同社が車いすテニスの支援を開始した5年前から開催されており、車いすテニスの国別対抗戦(ワールドチームカップ)のジュニア日本代表選手の選考大会。2019年のかんぽ生命カップでは、1位~3位となった3名の選手(小田凱人選手/高野頌吾選手/川合雄大選手)が、その後参加したワールドチームカップでジュニア日本代表チームとして、世界1位を勝ち取っている。
今年は、中学1年生~高校2年生の男女8名の選手が全国から集まり、熱い戦いを繰り広げた。昨年よりも、一段とレベルアップしたプレーが多くあり、各選手の日頃の努力が伝わってくる大会となった。接戦の末、優勝は河田凌大選手(高校1年生)、準優勝は岡野莉央選手(高校2年生)の結果となり、両選手はワールドチームカップのジュニア日本代表に内定した※。
※現時点では、ワールドチームカップ(2024年5月トルコで開催)へのジュニア日本代表チーム出場は確定ではない。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

明治安田生命、「シャレン!で献血」献血協力者数が1万人を突破

損保

あいおいニッセイ同和損保、女子プロゴルファー・菅沼菜々選手が100万円を日本パラスポーツ協会へ寄付

生保

マニュライフ生命、第18回エコノミクス甲子園全国大会長崎大会代表の長崎県立佐世保北高等学校が初優勝

生保

太陽生命が協賛するジュニアアイスホッケースキルアップスクール(アイスホッケー教室)3月2日に京都府宇治市で開催

生保

かんぽ生命、ラジオ体操・みんなの体操会の開催地・日程を決定

生損共済

JA共済連、未就学児・小学校低学年向け『つうがくろあんぜんMAP』を作成

損保

共栄火災、今年も「バレンタイン・チャリティ募金」を実施、32年間の累計総額5,000万円に

損保

三井住友海上、ドラレコ・ロードマネージャーが「第6回日本オープンイノベーション大賞 国土交通大臣賞」を受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、令和6年能登半島地震における被災地の道路復旧をサポートする「路面状況把握システム(災害復旧支援プラン)」を無償提供

生損

損保ジャパン、第一生命、みずほフィナンシャルグループ、明治安田生命、今年も全国104万人の新小学一年生へ「黄色いワッペン」を贈呈~第60回で「黄色い「ピカチュウ」ワッペン」

関連商品