新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

日本生命、出前授業・受入授業の実施校数1,000校、生徒数10万名を達成

日本生命は、金融経済教育の一環として2011年度から全国の中学校・高等学校向けに実施している「出前授業・受入授業」(以下「出前・受入授業」)について、実施校数1,000校、生徒数10万名を達成した。
出前授業とは同社職員が中学校・高校に出向き、講師としてライフデザインや保険の仕組みを伝える授業を実施する取り組みであり、受入授業とは中学校・高校の修学旅行や校外学習の一環として同社の東京本部に来社し、出前授業と同様の授業を同社職員が実施する取り組みである。
出前・受入授業は子どもたちが自分自身の将来について考え、未来を切り拓いていくきっかけになることを願い、同社の金融経済教育の一環として2011年度からスタートした。
対面で授業を行うことを大切にし、延べ約2,000名の同社職員が講師として授業を実施してきた。
学校関係者の皆様の協力を賜り、実施校数1,000校、生徒数10万名という節目を迎えることができた。
同社は、今後も日本生命グループのサステナビリティ経営において、「人」の領域では「希望に満ちた未来世代を育む」ことを、そして「地域社会」の領域では「活力あふれる地域社会の創出」を目指し、金融経済教育を積極的に展開していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

共栄火災、今年も「バレンタイン・チャリティ募金」を実施、32年間の累計総額5,000万円に

損保

三井住友海上、ドラレコ・ロードマネージャーが「第6回日本オープンイノベーション大賞 国土交通大臣賞」を受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、令和6年能登半島地震における被災地の道路復旧をサポートする「路面状況把握システム(災害復旧支援プラン)」を無償提供

生損

損保ジャパン、第一生命、みずほフィナンシャルグループ、明治安田生命、今年も全国104万人の新小学一年生へ「黄色いワッペン」を贈呈~第60回で「黄色い「ピカチュウ」ワッペン」

生保

日本生命、第5回「ESGファイナンス・アワード・ジャパン」投資家部門で金賞(環境大臣賞)受賞

生保

住友生命、令和6年のグローバル・マネー・ウィーク(Global Money Week)へ参加

生保

T&Dフィナンシャル生命の土屋祐輝選手が「第20回冬季デフリンピック競技大会」男子フットサル競技の日本代表選手団に選出

生保

太陽生命、ジュニアアイスホッケースキルアップスクールに協賛

生保

エヌエヌ生命保険およびNNグループ従業員による「令和6年能登半島地震」の被害に対する追加義援金を寄付

生保

日本生命、日本政府が発行するクライメート・トランジション利付国債へ投資

関連商品