新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

日本生命がニチイホールディングスの全株式を取得することで合意、買収金額は約2,100億円

日本生命は、Bain Capital Private Equity,LP(John Connaughton代表)が投資助言を行うファンドが間接的に保有するBCPE Color Cayman,L.P.およびColor Cayman Investments,LLC等※1との間で、株式会社ニチイホールディングス(森信介代表取締役社長、以下「ニチイホールディングス」)の全株式を保有する株式会社BCJ-43(以下「BCJ-43」)の発行済株式99.6%分を取得することについて、11月28日付で合意した。
買収金額は約2,100億円を予定※2しており、同社の手元資金で対応する。今後、本件について、関係当局等の認可・承認手続きを進めていく。
※1 BCPE Color Cayman,L.P.およびColor Cayman Investments,LLCのほか、Effissimo Capital Management PteLtdが運用するファンドであるECMMasterFundおよび個人株主
※2 BCJ-43の2023年3月末の株式価値に、取得日までの間の同社の資産・負債等の変動に応じた調整を行ったうえで最終決定
<株式取得の背景・狙い>
同社は、国民生活の安定と向上に寄与することを経営基本理念に掲げる中、サステナビリティ経営を一層前進させ、人生100年にわたる安心・安全の提供、希望に満ちた未来世代の育成、活力あふれる地域社会の創出等を行うべく、子育て支援・ヘルスケア・シニア事業を通じ、保険だけではカバーできないお客様のニーズやリスクに対応してきた。
一方、ニチイホールディングスは、1968年創業以来、医療事務受託・介護・保育事業を展開する株式会社ニチイ学館を中核企業とし、各マーケットにおいて長期にわたり代表的なポジションを築いている。
同社とニチイホールディングスは、1999年の業務提携以降、幅広い領域で協業してきたが、本件を通じた当該事業の活性化や生産性・持続性向上により、これまで以上にお客様へ提供する安心を拡大し、あらゆる世代が安心して暮らせる社会を実現していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

大同生命、4月1日機構変更

生保

太陽生命、4月1日機構改革

生保

富国生命、4月1日付機構改正

生保

フコクしんらい生命、4月1日付機構改定

生保

プルデンシャル生命、機構改革を実施

生保

T&Dホールディングス、自己株式の取得状況および取得終了を発表

生保

T&Dホールディングス、4月1日機構改革

損保

SOMPOホールディングス、損保ジャパン、監査等委員会設置会社を移行

損保

SOMPOホールディングス、4月1日付組織変更

生保

日本生命、ペアローン利用者向け団体信用生命保険を10月発売

関連商品