新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

住友生命、「わが家の台所事情アンケート」2023を実施

住友生命は、物価上昇が家計に与える影響や賃上げの状況について、アンケートを実施した。
◆調査結果の概要
〇物価上昇の影響を受けている家庭は約9割。生活費は前年から月平均で2万円超の増加
2023年の物価上昇が家計に与える影響について、約9割(89.7%)が“ある”(「ある」「少しある」)と回答した。最も影響があった費目のトップは「食費」で約6割(58.8%)を占め、以下は「電気代」(20.7%)、「ガソリン代」(13.6%)が続いた。
生活費は前年から月平均で22,825円増となっている。
貯蓄額および投資金額の前年比較では、「増えた」(貯蓄額:36.4%、投資金額:23.7%)は多くないものの、月平均で貯蓄額が5,433円増、投資金額が7,280円増となった。特に20代~40代の増加額が高く、資産形成を積極的に行っていることがわかる。
〇年収見込額が「増える」は約4割、前年度調査から上昇するも7割超が年収アップの必要性を「感じる」
年収見込額が「増える」は41.1%で前年度調査から10.9ptアップしたが、年収アップの必要性を「感じる」は7割(73.9%)を超えた。賃金上昇は進んではいるものの、物価上昇に追いついていないことがうかがえる。
〇アフターコロナの消費意欲、約6割に変化なし。増加した費目は「ガソリン代」や「国内旅行費」
アフターコロナの消費生活について、「特に変化はない」が約6割(56.3%)を占め、消費意欲が完全に回復していないことが見受けられる。増加費目は「ガソリン代」(29.8%)、「国内旅行費」(21.0%)が多く挙げられ、特に60代の消費が活発になっている。
【調査概要】
1.調査期間:2023年10月5日~10月12日
2.調査方法:インターネット応募による選択方式および自由記入方式
3.調査対象:5,566人(全国の20代~60代・会社員(正規雇用の会社員・公務員)・既婚の男女)

関連記事(保険業界ニュース)

生保

住友生命、令和6年のグローバル・マネー・ウィーク(Global Money Week)へ参加

損保

アニコム損保、2024年最新版「猫の名前&人気猫種ランキング」を発表

生保

住友生命、スミセイ「わが家の防災」アンケート2024を実施

生保

住友生命、山梨県と包括連携協定を締結

生保

住友生命、神奈川県秦野市においてVitalityを活用した連携事業を開始

生保

住友生命、GX経済移行債「クライメート・トランジション利付国債」へ投資

生保

住友生命、国際イニシアティブ「Spring」および「NA100」に加盟

生損その他協会・団体

日本企業80社が自然関連財務情報開示に取り組む“TNFD Early Adopter”として登録

生保

日本生命、ニッセイインターネットアンケート~「バレンタインデー」について~を実施

生保

住友生命、神奈川県南足柄市においてVitalityを活用した連携事業を開始

関連商品