新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

生保協会、「子育てと仕事の両立支援に対する助成活動」助成施設を決定

生保協会は、「子育てと仕事の両立支援に対する助成活動」において、全国の保育所・放課後児童クラブ150施設へ総額2,500万円の助成を決定した。
本活動は、仕事と子育ての両立に向け、保育所・放課後児童クラブの受け皿の拡大や質の向上の取組みに対し、2014年度より資金助成を行っているもので、10年間の助成累計は1,105施設、2億3,900万円となる。
2023年度における本活動のポイントは、以下のとおりである。
【全47都道府県の施設に助成】
・全47都道府県の1,331施設から応募
・3年連続で全47都道府県の施設に助成
【助成施設の増加】
・前年度比1.25倍となる150施設への助成を決定
2023年度は1,331施設から応募があり、3年連続で全47都道府県の施設に助成することとなった。
今回応募があった各施設からの申請内容を通じて、数多くの保育所や学童児童クラブにおいて、子ども達が快適に過ごすための最低限の備品や設備、施設老朽化に伴う改修等の資金が不足していることが窺えた。
同会では本活動を通じて、誰もが安心して子育てと仕事を両立できるよう、保育の質向上に貢献していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

明治安田生命、「シャレン!で献血」献血協力者数が1万人を突破

生保協会・団体

生保協会、2023年度代理店業務品質調査に基づく認定代理店を決定

生損共済

JA共済連、未就学児・小学校低学年向け『つうがくろあんぜんMAP』を作成

損保

共栄火災、今年も「バレンタイン・チャリティ募金」を実施、32年間の累計総額5,000万円に

損保

三井住友海上、ドラレコ・ロードマネージャーが「第6回日本オープンイノベーション大賞 国土交通大臣賞」を受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、令和6年能登半島地震における被災地の道路復旧をサポートする「路面状況把握システム(災害復旧支援プラン)」を無償提供

生損

損保ジャパン、第一生命、みずほフィナンシャルグループ、明治安田生命、今年も全国104万人の新小学一年生へ「黄色いワッペン」を贈呈~第60回で「黄色い「ピカチュウ」ワッペン」

生保

住友生命、令和6年のグローバル・マネー・ウィーク(Global Money Week)へ参加

生保

T&Dフィナンシャル生命の土屋祐輝選手が「第20回冬季デフリンピック競技大会」男子フットサル競技の日本代表選手団に選出

生保

太陽生命、ジュニアアイスホッケースキルアップスクールに協賛

関連商品