新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

住友生命、平準払個人年金保険の保険料率を改定

住友生命は、現在の運用環境、市中金利動向等を踏まえ、5年ごと利差配当付生存保障重視型個人年金保険(14)「たのしみワンダフル」(金融機関を通じた販売名称は「たのしみ未来」等)のうち、一部の契約における予定利率を10月から38年ぶり(※1)に引き上げる。
「たのしみワンダフル」・「たのしみ未来」等は、老後への備えを中心に様々な資産形成ニーズに対応する平準払個人年金保険である。保険料率の改定により、これまで以上に年金受取等の価格魅力を高め、さらにお客さまの資産形成ニーズに応える。
※1 円建平準払の商品で商品改定・新商品発売による予定利率の引上げを除く。
■改定内容
a.予定利率
年金支払開始までの期間30年以上:現行0.65%→改正後0.80%※2
(※2 ただし、年金開始後の予定利率は 0.65%で据置となる)。
b.実施時期
契約日が2023年10月2日以降となる契約から適用する。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

住友生命、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)の「運営管理機関手数料無料コース」発売

生保

住友生命、令和6年のグローバル・マネー・ウィーク(Global Money Week)へ参加

生保

住友生命、スミセイ「わが家の防災」アンケート2024を実施

生保

住友生命、山梨県と包括連携協定を締結

生保

住友生命、神奈川県秦野市においてVitalityを活用した連携事業を開始

生保

住友生命、GX経済移行債「クライメート・トランジション利付国債」へ投資

生保

住友生命、国際イニシアティブ「Spring」および「NA100」に加盟

生損その他協会・団体

日本企業80社が自然関連財務情報開示に取り組む“TNFD Early Adopter”として登録

生保

住友生命、神奈川県南足柄市においてVitalityを活用した連携事業を開始

生保

住友生命、「LOOOKIT」を活用したコールセンター応対開始~Vitalityアプリをリモートで説明

関連商品