新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

かんぽ生命、インドネシアが発行する本邦市場初の円貨建てブルーボンドへ投資

かんぽ生命は、インドネシア共和国が発行するブルーボンド※1への投資を実施した。
当案件の投資対象は、海外の発行体が本邦市場において円貨建て(サムライ債)で発行する初めてのブルーボンドである。かんぽ生命にとってブルーボンドへの投資は今回が初となる。
インドネシアは世界最大の島しょ国として、SDGs達成に向けた取り組みを推進している。とくに注力すべき重点分野として海洋経済を位置付けており、本ブルーボンドは同国の他通貨建てを含む債券発行の取り組みにおいても初の試みである。
本債券発行によって調達された資金は、インドネシアが策定した「SDGs政府債フレームワーク」で定めたブルーエコノミーの発展に貢献するプロジェクト、具体的には、海洋環境保全、持続可能な漁業、海洋災害対策などのプロジェクトに充当される予定である。また、当該フレームワークは国際資本市場協会(ICMA)の定めるICMA原則※2との適合性について、第三者意見を取得している。
※1 海洋環境の改善・保全や持続可能な漁業、海洋汚染防止など、水環境が関係する事業に資金使途が限られた債券
※2 ICMAの策定するグリーンボンド原則、ソーシャルボンド原則およびサステナビリティボンド・ガイドライン
◆本債券の概要
・発行体
インドネシア共和国
・発行体格付
BBB(S&P)/Baa2(Moody’s)/BBB(Fitch)
・年限
7年(2030年5月24日)
・発行総額
147億円
・利率
1.20%

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、第5回「ESGファイナンス・アワード・ジャパン」投資家部門で金賞(環境大臣賞)受賞

共済

JA共済連、クライメート・トランジション利付国債へ投資

生保

日本生命、日本政府が発行するクライメート・トランジション利付国債へ投資

生保

第一生命、日本国が発行するクライメート・トランジション利付国債(第1回)へ投資

生保

かんぽ生命、自然に関するスチュワードシップイニシアチブ「Spring」の投資家ステートメントにEndorserとして署名

生保

かんぽ生命、日本国が発行するGX経済移行債へ投資

生保

住友生命、GX経済移行債「クライメート・トランジション利付国債」へ投資

生保

太陽生命とT&Dフィナンシャル生命、日本国が発行する「クライメート・トランジション利付国債(GX経済移行債)」へ投資

生保

明治安田生命、「GX経済移行債」へ投資

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、GX経済移行債へ20億円投資し日本の脱炭素取組みを支援

関連商品