新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

かんぽ生命、インドネシアが発行する本邦市場初の円貨建てブルーボンドへ投資

かんぽ生命は、インドネシア共和国が発行するブルーボンド※1への投資を実施した。
当案件の投資対象は、海外の発行体が本邦市場において円貨建て(サムライ債)で発行する初めてのブルーボンドである。かんぽ生命にとってブルーボンドへの投資は今回が初となる。
インドネシアは世界最大の島しょ国として、SDGs達成に向けた取り組みを推進している。とくに注力すべき重点分野として海洋経済を位置付けており、本ブルーボンドは同国の他通貨建てを含む債券発行の取り組みにおいても初の試みである。
本債券発行によって調達された資金は、インドネシアが策定した「SDGs政府債フレームワーク」で定めたブルーエコノミーの発展に貢献するプロジェクト、具体的には、海洋環境保全、持続可能な漁業、海洋災害対策などのプロジェクトに充当される予定である。また、当該フレームワークは国際資本市場協会(ICMA)の定めるICMA原則※2との適合性について、第三者意見を取得している。
※1 海洋環境の改善・保全や持続可能な漁業、海洋汚染防止など、水環境が関係する事業に資金使途が限られた債券
※2 ICMAの策定するグリーンボンド原則、ソーシャルボンド原則およびサステナビリティボンド・ガイドライン
◆本債券の概要
・発行体
インドネシア共和国
・発行体格付
BBB(S&P)/Baa2(Moody’s)/BBB(Fitch)
・年限
7年(2030年5月24日)
・発行総額
147億円
・利率
1.20%

関連記事(保険業界ニュース)

生保

明治安田生命、フランス預金供託公庫が発行する「サステナブル・ディベロップメント・ボンド」に投資

生保

かんぽ生命、2024年度ラジオ体操優良団体等表彰受賞者が決定

生保

かんぽ生命、アフラック生命、日本郵便、AccelerationProgram2024」採択企業を発表

生保

太陽生命、「日本電気株式会社」が発行する「サステナビリティ・リンク・ボンド」への投資を実施

生保

かんぽ生命、イメージキャラクター「かんぽさん」に磯村勇斗さんが就任

生保

かんぽ生命、車いすテニスの大谷桃子選手がウィンブルドン選手権大会に出場

生保

かんぽ生命、第三者割当増資に係る払込期日を変更

損保

日本地震再保険、SDGs債に投資

生保

かんぽ生命、資産運用立国実現への貢献に向けた新興運用会社への運用委託方針を発表

生保

大樹生命、米州開発銀行が発行する「サステナブル・ディベロップメント・ボンド」に投資

関連商品