新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

日本生命、大阪・関西万博「大阪ヘルスケアパビリオン」「ミライの都市」ゾーンへ出展

日本生命は、大阪・関西万博「大阪ヘルスケアパビリオン」において、「ミライの都市」ゾーンに出展する。
大阪ヘルスケアパビリオンは、子どもから大人までが楽しみながら、未来の大阪の可能性を感じられるよう、展示全体に「ミライの都市生活」というストーリーが設定され、2050年頃に実現が想定されるミライ都市を楽しめる内容となる。
メイン展示・体験ゾーンは「ミライへのゲート」「ミライのフード」「ミライのヘルスケア」「ミライの都市」で構成され、来館者はまず、「ミライへのゲート」に設置されたセンシングスポットで自身の健康状態に関するデータ(パーソナルヘルスレコード、以下「PHR」)を取得する。その後、取得したPHRを基に、「ミライのフード」でのヘルスケアフード体験や、「ミライのヘルスケア」でのヘルスケア体験を経て、生まれ変わったミライの自分で「ミライの都市」に辿り着く。
「ミライの都市」は、大阪ヘルスケアパビリオンのメイン展示・体験ゾーンのフィナーレを飾る象徴的なゾーンであり、最先端の医療やヘルスケアサービスが溶け込んだ都市生活を体験できる。この点において、同社は、健康寿命延伸と保険事業の高度化などに向けた取り組みを通じ、安心・安全で持続可能な社会の実現への貢献を目指しており、その目指す方向性が合致することから、「ミライの都市」ゾーンへ出展することとした。
同社は「ミライの都市」ゾーンにおいて、100年時代の人生の疑似体験を通じ、いのちや健康に関する新たな気づきを提供するプログラム(以下「本プログラム」)を出展する。
本プログラムは、大阪ヘルスケアパビリオンが描くミライ都市を舞台に、バーチャル空間における体験型のゲーム形式を予定している。来館者はVRなどの先端技術を活用した没入感あふれる環境で、未来予測に基づくさまざまなライフイベントの選択を通じ、最先端の医療やヘルスケアサービスが日常に浸透した近未来の暮らしを感じられる企画を目指す。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、百十四銀行との地域のサステナビリティ推進に関するパートナーシップ協定を締結

生保

日本生命、「日本生命トランジション・ファイナンス実践要領」を策定

生保

日本生命、「父の日」に関するアンケート調査を実施

生保

日本生命、「ニッセイ名作シリーズ 2024」公演開始

生保

日本生命、確定拠出年金受託加入者等数100万名突破

生保

日本生命、株式会社ニチイホールディングスの株式取得完了

生保

「営業職員チャネルのコンプライアンス・リスク管理態勢の更なる高度化にかかる着眼点」を踏まえた同社取組状況を発表

生保

日本生命、「ニッセイ・アルムナイネットワーク」が発足

生保

日本生命、株式会社第四北越フィナンシャルグループとの地域のサステナビリティ推進に関するパートナーシップ協定を締結

生保

日本生命、よい仕事おこしフェア実行委員会との地域社会の発展に寄与するための「包括的連携に関する協定」を締結

関連商品