新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

生保各社、2022年度決算(案)を発表

日本生命など生保各社は5月24日、2022年度(2022年4月1日~2023年3月31日)の決算(案)を発表した。
■アクサ生命
○収入指標
・保険料収入は、前年同期比4.9%増の7,008億円(保険料等収入は同9.7%増の8,060億円)となった。
○収益指標
・基礎利益は、同30.2%減の650億円となった。
・当期純利益は、同61.7%減の406億円となった。

■アクサダイレクト生命
○収入指標
・保険料等収入は、前年同期比18.5%増の129.2億円となった。
○収益指標
・基礎利益は、同3.7億万円減の△11.7億万円となった。
・当期純利益は、同28.8億万円増の22.7億円となった。

■大樹生命
○新契約の状況(個人保険+個人年金保険)
・新契約件数は、一時払外貨建養老保険の販売が増加した一方、前年度に販売したケガと感染症の入院保険「おまもリーフ」の反動で、前年度比35.1%減の14.5万件。
・新契約年換算保険料は、一時払外貨建養老保険の販売増加を主因に、前年度比47.3%増の355億円。
○保有契約の状況(個人保険+個人年金保険)
・保有契約年換算保険料は、前年度末比1.0%減の5065億円。
○収支状況等
・保険料等収入は、一時払外貨建養老保険の販売増加を主因に、前年度比77.5%増の8848億円。
・基礎利益は、新型コロナウイルス感染症の支払増による危険差益の減少、および為替ヘッジコストの増加による利差損の拡大により、前年度比56.3%減の204億円。
・経常利益は基礎利益の減少等により、前年度比47.2%減の208億円。
・当期純利益は、経常利益が減少した一方、前年度に固定資産の減損損失を計上した反動等により前年度末から増加し、49億円。

■日本生命
<グループ>
・保険料等収入は、日本生命、大樹生命およびニッセイ・ウェルス生命の一時払商品の販売増を主因に増収により対前年度18.3%増の6兆3,735億円。
・基礎利益は新型コロナウイルス感染症関連の支払増、ヘッジコストの増加、およびニッセイ・ウェルス生命の標準責任準備金の繰入増により対前年度43.7%減の4794億円に。
・国内生保の新契約年換算保険料は、日本生命は貯蓄性商品の料率改定等により減少も、ニッセイ・ウェルス生命および大樹生命の外貨建商品の販売増により対前年度2.6%増の4044億円。保有年換算保険料は日本生命は減少も、ニッセイ・ウェルス生命の増加を主因に対前年末比0.5%増の4兆5944億円に。
・グループ全体で前年度から減収・増益を見込む。
<単体>
・保険料等収入は内外金利上昇に伴う一時払商品の販売増を主因に増収、対前年度7.9%増の4兆6479億円に。
・基礎利益は、新型コロナウイルス感染症関連の支払増による危険差益の大幅減少、およびヘッジコスト増加による利差益の減少を主因に、対前年度35.7%減の4988億円。

■富国生命
・富国生命、フコクしんらい生命合算の新契約高は前年度比6.4%減の1兆6673億円、新契約年換算保険料は同28.6%増の295億円、新契約年換算保険料はコロナ禍前(2019年度)の水準を上回り、2年連続で大幅に増加。2社合算の保有契約年換算保険料は5498億円で前年度末比0.2%増加と2016年度末以来6年ぶりに反転増加、うち第三分野は同0.9%増加と開示以来19年連続で増加。
・保険料等収入は2社ともに増加し、合算では前年度比20.3%増の7606億円に。

■フコクしんらい生命(単体)
1.業績の状況(個人保険と個人年金保険合計)
 新契約高は、「利率更改型一時払終身保険」の販売が好調に推移し、前年度比163.0%の2,575億円となった。また、保有契約高は前年度末比102.3%の2兆2,173億円となった。
 新契約年換算保険料は前年度比162.3%の154億円、保有契約年換算保険料は前年度末比102.6%の1,802億円となった。
2.損益の状況
 経常利益は15億円(前年度比128.2%)、当期純利益は8億円(同159.7%)となった。また、保険本業の期間収益を示す基礎利益は15億円となった。

■メットライフ生命
・新契約年換算保険料は、1,359億円(前年度比 37.6%増)
・保険料は、2兆3,792億円(同43.5%増)
・保有契約件数は、948万件(前年度末比0.5%減)
・基礎利益は、1,677億円(前年度比22.7%減)

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、シンガポール子会社がインド子会社を設立

生保

日本生命、米ドル建劣後特約付社債を発行

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】新潟信用金庫と共同寄付スキームの取扱い開始

生保

日本生命、奈良県と「連携と協力に関する包括協定」を締結

生保

大樹生命、中期経営計画2026「全緑前進~お客さまとともに、100周年とその先に向けて~」を策定

生保

日本生命、一時保育マッチングサービス「ちょこいく」を事業化

生保

日本生命、2024年度入社式社長挨拶を公表

生保

富国生命、福島県立須賀川支援学校生徒作品展示会「すまいる・ぎゃらりー」を開催

生保

大樹生命、青山学院大学における寄附講座を実施

生保

大樹生命、「大樹生命第51回苗木プレゼント」を実施

関連商品