新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

太陽生命、森林もりで『森林教室』を実施

太陽生命は、「太陽生命の森林もり」(栃木県那須塩原市)において、公益財団法人日本ダウン症協会の人々を招いて『森林教室』を実施する。
同社は、2006年3月に栃木県那須塩原市の国有林4.81haを借り受け、整備活動を行ってきた。当初木々が混み合い暗かった森林は、社員ボランティアによる継続的な活動によって太陽の光が射し込む明るい森林へと生まれ変わった。
同社は日本ダウン症協会と、同協会が主催するイベントに社員が参加するなど様々な交流を続けてきたが、2012年からは、同協会栃木支部に所属している家族を「太陽生命の森林もり」に招いて森林教室を開催している。社員ボランティアが整備した憩いの広場でのお茶会、ヨガ教室、音楽会など、新緑の森林と触れ合う1日を過ごしてもらう。
同社は、「太陽生命の森林もり」の活動を通じて、自然のすばらしさ、森林の恵みによって生かされている私たちの命の尊さを感じていただける機会を提供していく。

関連記事(保険業界ニュース)

共済

日本生協連、「全国産直研究交流集会 2024」を開催

損保

共栄火災、今年も「バレンタイン・チャリティ募金」を実施、32年間の累計総額5,000万円に

損保

三井住友海上、ドラレコ・ロードマネージャーが「第6回日本オープンイノベーション大賞 国土交通大臣賞」を受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、令和6年能登半島地震における被災地の道路復旧をサポートする「路面状況把握システム(災害復旧支援プラン)」を無償提供

生損

損保ジャパン、第一生命、みずほフィナンシャルグループ、明治安田生命、今年も全国104万人の新小学一年生へ「黄色いワッペン」を贈呈~第60回で「黄色い「ピカチュウ」ワッペン」

生保

住友生命、令和6年のグローバル・マネー・ウィーク(Global Money Week)へ参加

生保

T&Dフィナンシャル生命の土屋祐輝選手が「第20回冬季デフリンピック競技大会」男子フットサル競技の日本代表選手団に選出

生保

太陽生命、ジュニアアイスホッケースキルアップスクールに協賛

生保

エヌエヌ生命保険およびNNグループ従業員による「令和6年能登半島地震」の被害に対する追加義援金を寄付

生保

太陽生命、太陽生命少子高齢社会研究所が実施する「音声データを活用した要介護リスクの早期発見AIの開発」が、厚労省実施の「中小企業イノベーション創出推進事業」に採択

関連商品