新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

日本生命、「健康経営アライアンス」へ参画

日本生命は、オムロン、JMDCを発起人とする「健康経営アライアンス」(2023年6月設立予定)に、代表幹事会社として参画する。
人生100年時代を迎え、長く働き続けられる社会が実現する一方で、日本の産業界は、「社員の健康増進」、「健保財政の健全化」、「医療費抑制への貢献」の課題に直面している。このような状況の中で健康経営(R)の推進は、企業の生産性向上や医療費の適正化のみならず、社員を企業の財産と捉える人的資本経営の実践においても重要な経営課題となっている。
同社は、中期経営計画「Going Beyond-超えて、その先へ-」(2021-2023)の柱の一つに健康長寿社会づくりの牽引を掲げ、2018年から開始した企業・団体・健康保険組合・共済組合向けのサービス「ニッセイ健康増進コンサルティングサービス(Wellness-Star☆)」を通じて、「リスクに備える」保険の提供に加えて、「リスクを軽減する」ヘルスケアサービスの強化に重点的に取り組んでいる。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、威力業務妨害の容疑で元職員が逮捕

生保

日本生命、「夏のボーナス」に関するアンケートを実施

生保

日本生命、委託業者における個人情報の漏えいが発覚

生保

日本生命、子会社のニッセイプラス少額短期保険が企業の健康経営を支援する精密検査費用保険を発売

生保

日本生命、名古屋銀行グループ×日本生命「地域のサステナビリティ推進に関するパートナーシップ協定」に基づくグリーンローンを契約締結

生保

日本生命、百十四銀行との地域のサステナビリティ推進に関するパートナーシップ協定を締結

生保

日本生命、「日本生命トランジション・ファイナンス実践要領」を策定

生保

日本生命、「父の日」に関するアンケート調査を実施

生保

日本生命、「ニッセイ名作シリーズ 2024」公演開始

生保

日本生命、確定拠出年金受託加入者等数100万名突破

関連商品