新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

第一生命、「トビタテ!留学JAPAN」第2ステージを支援

第一生命は、国・企業・大学等が協働し、大学生や高校生の海外留学を支援する「トビタテ!留学 JAPAN」に1億円を寄附するとともに、「グローバル人材育成コミュニティ協議会」を通じて、運営面でも協力していく。
「トビタテ!留学JAPAN」は、意欲と能力ある全ての日本の若者が、海外留学に自ら一歩を踏み出す機運を醸成することを目的として、2013年に閣議決定された「日本再興戦略」の一施策として推進されてきたが、上昇基調にあった日本人留学生数は、新型コロナウイルス感染症の拡大により、大きな影響を受けた。
そこで、文部科学省では、コロナ禍で落ち込んだ留学生数を、少なくともコロナ前の水準に回復することを目指し、産学官あげてのグローバル人材育成の取組みを再構築するため、2023年度より「トビタテ!留学JAPAN」第2ステージの実施を決定した。
本プロジェクトは、新たなビジョン「日本の若者が世界に挑み、“本音と本気”で国内外の人々と協働し、創造と変革を起こす社会」及び、コンセプト「Challenge, Connect, Co-create」を掲げている。より発展的に進化した事業のひとつである留学支援制度「新・日本代表プログラム」は、民間寄附を中心に、将来、「社会にイノベーションを起こすグローバル探究リーダー」や、「自ら社会に変革を起こしていくグローバルリーダー」として日本の未来を創る人材を育成する新たなプログラムである。
来るべき Society 5.0(超スマート社会、創造社会)に向けて、多様な価値観を尊重し、地球規模の課題を俯瞰して考察できるグローバルな視野を持った人材の育成は欠かせない。
同社グループは、日本、そして世界の国と地域で、すべての人々のwell-beingに貢献し、社会とともに未来を築く存在でありたいと願っている。そこで、本プロジェクトに賛同し、1億円を寄附するとともに、「グローバル人材育成コミュニティ協議会」を通じて、運営面でも協力していく。
本プログラムを通じ、海外に飛び立つ学生たちが、文字通り「日本代表」として、高い志をもって、充実した留学生活を送り、真のグローバル人材として、日本や世界の発展を担うリーダーとして活躍してくれることを期待している。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

ジブラルタ生命、ベルマーク運動への支援金額が1億円を達成~生命保険会社初

生保共済

日本生協連と石川県生協連、「令和6年能登半島地震」による被災県への支援金として300万円を石川県社会福祉協議会へ贈呈

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】中日信用金庫および埼玉縣信用金庫と2023年度共同寄付スキーム寄付金を贈呈

生保

明治安田生命、山口県内の小中学生の体力向上に資するプロジェクトをスタート

生保

第一生命、生成AIを活用したチャットサービス「ICHI-to-Chat」のビジネス実証を実施

損保

アイペット損保、うちの子エポスカードが新登場

損保

MS&ADインシュアランスグループホールディングス、台湾東部沖地震被災者支援で寄付

生保

東京海上日動あんしん生命、「遺児への教育支援」2025年度支援対象者募集開始

生保

富国生命、福島県立郡山支援学校生徒作品展示会「すまいる・ぎゃらりー」開催

共済生損

こくみん共済coop〈全労済〉、「令和6年能登半島地震」に義援金寄託

関連商品