新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

太陽生命、2023年社長年頭挨拶を発表

太陽生命は、2023年社長年頭挨拶を発表した。要旨は次のとおり。
「新年あけましておめでとうございます。年頭にあたり、皆さんにご挨拶します。」
2022年度の経営計画においては、「多くのお客様の元気・長生きを支える会社」となるために、DX活用によるお客様とのアプローチ機会の拡大を通じたお客様の増加・収益の向上を掲げた。
昨年の同社を振り返ると、社会環境の変化を踏まえて、本格的に展開した「対面」と「非対面」を融合したハイブリッド型営業が定着し、マーケットを大きく拡大することができた1年となった。
上半期決算では、保障性保有契約年換算保険料が上場以来最高となり、お客様の数も増加させることができた。コロナ禍においても、業績が好調に推移しているのは、皆さん一人ひとりが変化に動じることなく、新たな取組みに挑戦しつづけた賜物である。
また、2022年3月において、高予定利率の個人年金保険契約の一部について出再を行った。これにより、お客様への安定的な年金支払を可能とするだけでなく、将来の収益および資本効率の向上を図った。出再を行ったことで、新しい時代へ向かう準備を整えることができた。2022年は、ビジネスモデルの転換を図り、将来へ向かって大きなスタートをきった年と言える。
ハイブリッド型営業の推進を通じて、私たちは物理的なマーケットの拡がりを手に入れることができた。スマ保険やインフォマーシャルといったチャネルの多様化により、お客様への対応可能地域や時間が増加し、お客様との接点が飛躍的に拡大した。2023年は、これまでのハイブリッド型営業をさらに進化させ、人とデジタルの力を融合させることで、津々浦々、すべての方に同社の商品・サービスを届ける体制を強化していく。
また同社は今年、130周年を迎える。同社は、創業以来、幾多の困難に直面しながらも、挑戦を重ねることで、乗り越えてきた。
今後も発展し続けるためには、皆さん一人ひとりの力が不可欠である。挑戦することを忘れず、一人ひとりがさらに飛躍するとともに、全員が同じベクトルを向いて「チームスピリット」 を発揮することで、太陽生命の新たな歴史をともに築いていく。
最後になるが、皆さんのご健勝とご多幸を心より祈念して、私からの新年の挨拶とする。
「今年も元気に頑張りましょう。」

関連記事(保険業界ニュース)

生保

太陽生命、「渋谷二丁目17地区市街地再開発事業」で複合施設渋谷アクシュを7月8日開業

生保

T&Dホールディングス、2024年3月末市場整合的エンベディッド・バリューの開示

生保

太陽生命、SBI新生銀行を通じ、『長生きMy介護』の販売を開始

生保

太陽生命、「日本高速道路保有・債務返済機構」が発行する「ソーシャルボンド」への投資を実施

生保

太陽生命、NTTCom、生成AIを活用したアバターによる生命保険募集の共同実証実験を実施

生保

太陽生命、2023年度版「健康スコアリングレポート」で5年連続TOP100位以内にランクイン

生保

太陽生命、生命保険業界初、マイナンバーカードの公的個人認証サービスを活用した新契約手続き(ネット申込)を開始

生保

太陽生命、介護就業不能収入保障保険「働けなくなったときの保険」を5月から販売

生保

太陽生命、「JLPGAレジェンズツアー太陽生命 元気・長生きカップ2024」を開催

生保

太陽生命、苦情対応に関する国際規格「ISO10002」への適合性に関する「第三者意見書」を取得

関連商品