新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

明治安田生命、芙蓉総合リース株式会社向け融資「ポジティブ・インパクトファイナンス」を実施

明治安田生命は、芙蓉総合リース株式会社を借入人、株式会社みずほ銀行をアレンジャーとするシンジケーション方式による「ポジティブ・インパクトファイナンス」(以下「PIF」)に融資を行なった。
PIFは、国連環境計画・金融イニシアティブが提唱したポジティブ・インパクト金融原則に即したファイナンス手法で、企業活動が環境・社会・経済に及ぼすインパクト(ポジティブな影響とネガティブな影響)を包括的に分析・評価し、企業活動を支援するとともに、SDGs達成への貢献を評価指標として活用し、情報開示することが特徴である。
本融資は、みずほリサーチ&テクノロジーズ株式会社が独自に開発したインパクト評価フレームワークに基づき、事前に設定したKPIへの社会的インパクトを定量的に評価し、ポジティブなインパクトを創出する取組みを支援するものである。当該評価のポジティブ・インパクト金融原則への適合性等については、第三者意見を株式会社日本格付研究所より取得している。
同社は「確かな安心を、いつまでも」という経営理念のもと、ESG投融資を通じてグローバルな環境・社会課題の解決と国内地域経済活性化等の地域貢献により、社会的価値を創出することを推進している。引き続き、責任ある機関投資家として、持続可能な社会の実現に貢献していく。
【案件の概要】
借入人 芙蓉総合リース株式会社
契約締結日 2022年12月21日

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、「日本生命トランジション・ファイナンス実践要領」を策定

損保

SOMPOホールディングス、100%子会社フレッシュハウス社の全株式を、アークホーム株式会社へ譲渡

生保

日本生命、株式会社ニチイホールディングスの株式取得完了

生保

第一生命ホールディングス、自己株式の取得状況を公表

生保

T&Dホールディングス、自己株式の取得状況を公表

損保

MS&ADホールディングス、自己株式の取得状況を公表

生保

T&Dホールディングス、「サステナビリティステートメント」更新、CO2株出量削減目標を見直し

生保

明治安田生命、「2023 マイハピネス フォトコンテスト」入賞作品決定

生保

「営業職員チャネルのコンプライアンス・リスク管理態勢の更なる高度化にかかる着眼点」を踏まえた同社取組状況を発表

生保

日本生命、「ニッセイ・アルムナイネットワーク」が発足

関連商品