新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

太陽生命、大同生命、「Mizuhoポジティブ・インパクトファイナンス」のシンジケートローンに参加

太陽生命と大同生命は、芙蓉総合リース株式会社に対する「Mizuhoポジティブ・インパクトファイナンス」(以下「本ファイナンス」)のシンジケートローンへの参加を決定した。
本ファイナンスは、企業活動が環境・社会・経済にもたらすインパクトを包括的に分析・評価し、ネガティブ・インパクトの緩和とポジティブ・インパクトの拡大について目標を設定し、その実現に向けた継続的な対話や支援を重視することでSDGs達成に貢献していく金融手法である。
<本ファイナンスの概要>
契約締結日:2022年12月21日
実行日:2022年12月23日(予定)
借入人:芙蓉総合リース株式会社
アレンジャー:株式会社みずほ銀行
エージェント:株式会社みずほ銀行
T&D保険グループ各社は、「T&D保険グループESG投資方針」に基づき、「責任投資原則(PRI)」の考え方や、国連が提唱した持続可能な開発目標である「SDGs」などを踏まえ、環境・社会・企業統治の課題を考慮する「ESG投資」に積極的に取り組んでいる。社会的課題の解決に資する本ファイナンスへの投資は、こうした取組みの一つである。
引き続き、太陽生命と大同生命は、責任ある機関投資家としての責務を果たし、持続可能な社会の形成に貢献できるよう努めていく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、「日本生命トランジション・ファイナンス実践要領」を策定

損保

SOMPOホールディングス、100%子会社フレッシュハウス社の全株式を、アークホーム株式会社へ譲渡

生保

日本生命、株式会社ニチイホールディングスの株式取得完了

生保

第一生命ホールディングス、自己株式の取得状況を公表

生保

T&Dホールディングス、自己株式の取得状況を公表

損保

MS&ADホールディングス、自己株式の取得状況を公表

生保

T&Dホールディングス、「サステナビリティステートメント」更新、CO2株出量削減目標を見直し

生保

「営業職員チャネルのコンプライアンス・リスク管理態勢の更なる高度化にかかる着眼点」を踏まえた同社取組状況を発表

生保

大同生命、女優・波瑠(はる)さん出演の新CM『経営者オフサイトミーティング』シリーズ「経営支援篇」&「経営者保障篇」5月31日(金)放映開始

生保

日本生命、「ニッセイ・アルムナイネットワーク」が発足

関連商品