新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

住友生命、国内太陽光発電事業へ投資

住友生命は、合同会社 CN 太陽光がプロジェクト運営会社となる国内太陽光発電事業への投資(39億円)を決定した。
本件は、日本国内の幅広い地域に所在する、700件を超える多数の低圧太陽光発電所※1に対する投資であり、民間企業が長期(30年)にわたり固定価格で発電量を買い取る契約(コーポレート PPA)となっているため、安定した売電収入が見込まれる。また、各発電所の発電量は小さいものの、多数の発電所を対象とするため、日射量の変動や災害等のリスクに対して高い分散効果が期待できる。なお、本件は、プロジェクトボンド※2という形態での資金調達となるが、低圧太陽光発電所を投資対象とし、かつコーポレートPPAを活用したプロジェクトボンドは国内初※3の案件となる。
※1 定格出力が50kW未満の太陽光発電を指す
※2 プロジェクトの資金を証券化し投資家から調達する手法を指す
※3 本邦において信用格付け付与された公表案件としては初案件となる
◆本件概要
・発行体
合同会社 CN 太陽光
・アレンジャー
ゴールドマン・サックス証券株式会社
・組成金額
87.6億円(うち住友生命 39億円)
・資金使途
発電所開発資金ほか

関連記事(保険業界ニュース)

生保

住友生命、日本トムソン向けスミセイ・サステナビリティ・リンク・ローンを実行

損保

日本地震再保険、SDGs債に投資

生保

住友生命、栃木県宇都宮市においてVitalityを活用した連携事業を開始

生保

住友生命、愛知県豊橋市においてVitalityを活用した連携事業を開始

生保

住友生命、“「Vitality」”新CMバナナマン出演「それだけ、じゃ篇」放映開始

生保

住友生命、一時払終身保険の保険料率を改定

生保

住友生命、不妊治療と仕事の両立を支援するWhodo整場(フウドセイバー)のオンラインセミナーを七十七銀行に提供

生保

住友生命、東京大学などと共同で新たな一般社団法人「WE AT」を設立

生保

太陽生命、「日本高速道路保有・債務返済機構」が発行する「ソーシャルボンド」への投資を実施

生保

明治安田生命、国際農業開発基金が発行する「サステナブル・ボンド」へ投資

関連商品