新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

日本生命、人権問題などの社会課題の解決を目指す国際的なイニシアティブ「Advance」に加盟

日本生命は、企業との対話を通じて人権問題などの社会課題の解決を目指す国際的なイニシアティブである「Advance」(以下「当イニシアティブ」)に加盟した。
昨今、企業活動のグローバル化の進展に伴い、企業はさまざまな社会課題への適切な対応が求められている。例えば、人権に配慮した企業経営を求める動きは国際的に加速しており、機関投資家においても、投資先企業の人権への負の影響の防止・軽減に貢献することの重要性が高まっている。
当イニシアティブは、5月に国連責任投資原則(Principles for Responsible Investment、以下「PRI」)がPRI署名機関の中からメンバーを募り、新しく発足させた投資家イニシアティブで、人権問題をはじめとした社会課題に関して国内外の投資先企業に対して協働エンゲージメントを行う予定である※。
同社は、これまで人権尊重の視点を含むESG要素を考慮した投融資判断や投資先企業との対話活動を推進してきた。当イニシアティブへの加盟を通じ、人権問題などの社会課題に関する国際動向について最新の情報を獲得しながら、投資先企業の人権リスクに配慮した取り組みを強化していく。
※ 加盟形態には、協働エンゲージメントの戦略策定・実施の役割を担う「Participant」と、全体会合への出席等を通じた情報収集を主目的とする「Endorser」があり、同社は「Endorser」として加盟

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、百十四銀行との地域のサステナビリティ推進に関するパートナーシップ協定を締結

生保

日本生命、「日本生命トランジション・ファイナンス実践要領」を策定

生保

日本生命、「父の日」に関するアンケート調査を実施

生保

日本生命、「ニッセイ名作シリーズ 2024」公演開始

生保

日本生命、確定拠出年金受託加入者等数100万名突破

生保

日本生命、株式会社ニチイホールディングスの株式取得完了

生保

「営業職員チャネルのコンプライアンス・リスク管理態勢の更なる高度化にかかる着眼点」を踏まえた同社取組状況を発表

生保

日本生命、「ニッセイ・アルムナイネットワーク」が発足

生保

日本生命、株式会社第四北越フィナンシャルグループとの地域のサステナビリティ推進に関するパートナーシップ協定を締結

生保

日本生命、よい仕事おこしフェア実行委員会との地域社会の発展に寄与するための「包括的連携に関する協定」を締結

関連商品