新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

第一生命、永久劣後特約付借入の任意弁済ならびに新規借入を実施

第一生命は、2015年10月8日付で借入を実施した永久劣後特約付借入の一部任意弁済(トランシェB:1,440億円)を行うとともに、自己資本の充実を目的に、新規の永久劣後特約付借入を下記のとおり実施した。なお、上記一部任意弁済のため、2021年12月23日付で、第一生命ホールディングス株式会社より800億円の永久劣後特約付借入を行っている。

1.調達総額:640億円
2.償還期限:定めなし(永久)
(但し、2027年10月以降の各利払日に、監督当局の事前承認等を前提として、同社の裁量により、貸付の元本を一括して任意弁済可能。また、2027年10月の利払日より、金利ステップア
ップあり。)
3.借入先:国内金融機関等9社
4.調達方法:シンジケート・ローン方式
5.払込期日:2022年10月11日
6.商品設計:ソルベンシー・マージン比率規制上の特定負債性資本調達手段の要件を具備する。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、「日本生命トランジション・ファイナンス実践要領」を策定

生保

第一生命、生成AIを活用したチャットサービス「ICHI-to-Chat」のビジネス実証を実施

損保

SOMPOホールディングス、100%子会社フレッシュハウス社の全株式を、アークホーム株式会社へ譲渡

生保

日本生命、株式会社ニチイホールディングスの株式取得完了

生保

第一生命ホールディングス、自己株式の取得状況を公表

生保

T&Dホールディングス、自己株式の取得状況を公表

損保

MS&ADホールディングス、自己株式の取得状況を公表

生保

T&Dホールディングス、「サステナビリティステートメント」更新、CO2株出量削減目標を見直し

生保

「営業職員チャネルのコンプライアンス・リスク管理態勢の更なる高度化にかかる着眼点」を踏まえた同社取組状況を発表

生保

第一生命、2023年『サラっと一句!わたしの川柳コンクール』ベスト10発表

関連商品