新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

日本生命、オフサイトコーポレートPPA方式による再生可能エネルギー導入の開始

日本生命は、脱炭素社会の実現に向け、関西電力株式会社(以下「関西電力」)およびKPRE合同会社(以下「KPRE」)と、日本生命専用の太陽光発電設備を設置するオフサイトコーポレートPPA※1(Power Purchase Agreement)を締結した。
同取り組みでは、KPREがする敷地外(20地点)にある太陽光発電設備で発電した再生可能エネルギー電力を、関西電力経由で、日本生命の本店※2(本館・東館・南館)およびコンピュータセンターに供給する※3。これまで営業拠点等の敷地内での太陽光発電に取り組んできたが、敷地外での発電設備設置は同社初となる。なお、同取り組みは、2022年9月21日、経済産業省の「令和4年度予算需要家主導による太陽光発電導入促進補助金」に採択されている。
同社は「SDGs達成に向けた同社の目指す姿」の柱の一つとして「持続可能な地球環境の実現」を掲げ、事業活動領域でのCO2排出量を2030年度に51%以上削減(2013年度比)、2050年度にネットゼロとすることを目指しており、同取り組みを通じ、さらなる環境負荷の低減を進めていく。
※1 コーポレートPPAは、電力需要家、発電事業者および小売事業者での契約に基づく、発電電力および環境価値の供給・調達方法である(同取り組みでは、日本生命が電力需要家、KPREが発電事業者、関西電力が小売事業者に該当)。オフサイトコーポレートPPAでは、電力需要家の敷地外に発電設備を設置し、電力供給を行う。
※2 本店では、同取り組みに加え、関西電力の再生可能エネルギー指定の非化石証書を活用したCO2フリーの電気料金メニュー「再エネECOプラン」を採用することで、実質再エネ100%を実現する。
※3 2023年4月(予定)から順次受電を開始し、約20年間(最後に電力供給を行う発電設備の供給開始日が起点)にわたり調達することを想定している。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】中日信用金庫および埼玉縣信用金庫と2023年度共同寄付スキーム寄付金を贈呈

生保

日本生命、「日本生命トランジション・ファイナンス実践要領」を策定

生保

日本生命、「父の日」に関するアンケート調査を実施

生保

日本生命、「ニッセイ名作シリーズ 2024」公演開始

共済

日本生協連、全国生協とSDGsの実現を目指し「コープサステナブルアクション」第二弾を展開

生保

日本生命、確定拠出年金受託加入者等数100万名突破

生保

日本生命、株式会社ニチイホールディングスの株式取得完了

生保

「営業職員チャネルのコンプライアンス・リスク管理態勢の更なる高度化にかかる着眼点」を踏まえた同社取組状況を発表

生保

日本生命、「ニッセイ・アルムナイネットワーク」が発足

生保

日本生命、株式会社第四北越フィナンシャルグループとの地域のサステナビリティ推進に関するパートナーシップ協定を締結

関連商品