新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

住友生命、国立成育医療研究センターとの共同研究による「子育て応援サービス」実証実験を開始

住友生命は、国立研究開発法人国立成育医療研究センター(以下「国立成育医療研究センター」)と共同研究契約を締結し、家事育児で大変な毎日を、明るく活き活きとしたものにすることを目的とした、子育て応援サービス(以下、「本サービス」)の実装に向けた実証実験を開始する。
また、実証実験開始にあたり、協業先のトモイク株式会社(以下「トモイク」)との連携を強化すべく、CVC(コーポレートベンチャーキャピタル)ファンド「SUMISEIINNOVATIONFUND」からの出資を行った。
1.国立成育医療研究センターとの共同研究の目的
本サービスを、妊娠中から出産後まで継続的に使用することによるQOLの変化や、産後うつに対する改善効果を観察すること、本サービスの実装可能性について検討することを目的に、国立成育医療研究センターと共同研究契約を締結した。
2.実証実験の概要
国立成育医療研究センターで出産予定の方のうち、あらかじめ設定している条件に適合する希望者※1を2群に分け、一方にはユカイ工学株式会社(以下「ユカイ工学」)提供のコミュニケーションロボット「BOCCOemo」と、「子育てサポートアプリ」を利用し、本サービスを体験できる。
※1 対象:第一子妊娠中の、妊娠中期の成人の方。2022年9月下旬から国立成育医療研究センター内で募集開始予定。
期間:妊娠後期~赤ちゃんの生後3か月まで。
本実証実験は、育児中の夫婦のメンタルヘルス低下予防のみならず、産後うつが深刻化することに起因した自殺や育児放棄、虐待などの未然防止に寄与するという点で、社会的に意義のある試みと考えており、体験期間中には、WHO-5※2や、EPDS※3に回答する他、アンケート等を通じて、本サービス実装に向けて効果検証を行う。
※2 「WHO-5精神的健康状態表」ともいう。WHOが精神的健康の測定指標として推奨する質問票で、研究対象者の日常生活における気分状態を問う5項目の設問からなり、各設問に0~5の6段階で回答するもの。
※3 「エジンバラ産後うつ質問票」ともいう。研究対象者の産後の気分について問う10項目の設問からなり、各設問に0~3の4段階で回答する質問票。
住友生命は、株式会社三菱総合研究所が運営する未来共創イニシアティブ(ICF)に参画し、「産後うつを未然に防ぎ、明るい子育て生活を応援する」というコンセプトのもと、ユカイ工学、トモイクと共に検討を重ねてきた。
今般、オンラインカウンセリング事業を展開する株式会社cotree(以下「cotree」)、健康医療相談チャットなどの機能を備えたヘルスケアアプリを展開するヘルスケアテクノロジーズ株式会社(以下「ヘルスケアテクノロジーズ」)がコンテンツパートナーとして加わり、コンテンツの一層の充実を図っている。
3.トモイクへの出資の背景
トモイクがもつ、保育士や助産師といった子育て専門家の育児ノウハウを活用した「tomoiku」AIチャットボットが、本サービスの目的を果たす上で有用であると考え、連携を強化すべくSUMISEI INNOVATION FUNDからの出資を決定した。今後、本サービス以外の様々なサービスにおいても、更なる事業共創に向け協業していく。
4.住友生命のWaaSについて
住友生命は、豊かで明るい健康長寿社会の実現に加え、「一人ひとりのよりよく生きる=ウェルビーイング(Well-being※4)」に貢献し、「なくてはならない」生命保険会社を目指している。その実現のために、Vitality健康プログラムを中心とするWaaS(Well-being as a service※5)エコシステムを構築し、様々なWell-beingサービスでお客さまとつながり、そこから得られる多様なデータを活かして、一人ひとりのお客さまにより適したサービス、最適な保障を届けていきたいと考えている。
※4 Well-beingとは、「健康」に対する新たな価値観であり、「身体的・精神的・社会的・経済的に幸せと感じる状態」、ひいては「そうあるための行動、選択、ライフスタイルを積極的に追求すること」である。
※5 WaaS(Well-being as a service)とは、Well-beingに資するサービスエコシステムのことである。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

大同生命、野村総研とヘルスケアデータ活用に向けた実証実験を実施~継続的な睡眠データのモニタリングにより参加者の6割以上が、睡眠に対する意識の高まりを実感

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、GHG排出量を衛星画像で解析するMomentick社と実証実験を開始

生保

住友生命、栃木県宇都宮市においてVitalityを活用した連携事業を開始

生保

住友生命、愛知県豊橋市においてVitalityを活用した連携事業を開始

損保

イーデザイン損保、NTTCom、生成AIを活用した顧客接点の高度化の実証実験を実施

生保

住友生命、“「Vitality」”新CMバナナマン出演「それだけ、じゃ篇」放映開始

生保

住友生命、一時払終身保険の保険料率を改定

生保

住友生命、不妊治療と仕事の両立を支援するWhodo整場(フウドセイバー)のオンラインセミナーを七十七銀行に提供

損保

三井住友海上、ドライブレコーダー映像を活用した消防・救急活動の実証実験を開始

生保

住友生命、東京大学などと共同で新たな一般社団法人「WE AT」を設立

関連商品