新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

かんぽ生命、仙台支店元社員による現金詐取が発生

かんぽ生命の仙台支店(若林郵便局かんぽサービス部所属)の元社員が、お客さまから保険料と称して金銭を詐取していたことが判明した。
今後、このような事案が発生しないよう、全力を挙げて再発防止に努めていく。
1 発生支店
仙台支店若林郵便局かんぽサービス部(宮城県仙台市若林区かすみ町17-44)
2 行為者
元社員(20代、男性)
3 事案概要
2022年7月6日(水)から同年8月5日(金)までの間、元社員は、お客さま2名に対して、存在しない高利回りの保険契約、またはかんぽ契約における保険料につき虚偽の前納条件・金額等を提示し、合計250万円を詐取したものである。
なお、元社員は、お客さまから金銭を詐取するに際して、「保険料領収証(集金扱い専用紙)」、「保険料事前領収証(集金扱い専用紙)」と称する私製の領収証に預かり金額を記載し、お客さまに交付していた。
4 発覚の端緒
2022年8月8日(月)、お客さまから仙台市内の郵便局に問い合わせがあり、社内調査を行った結果、1件の詐取事案が判明したものである。その後の余罪調査により、新たに1件の詐取事案が確認されたものである。
5 お客さま対応
被害を受けられたお客さまには、現在、お詫びと事実関係について説明の上、かんぽ生命より補償を行っている。
また、本件にかかわらず、かんぽ生命社員または郵便局(日本郵便株式会社)の社員が「保険料領収証(集金扱い専用紙)」、「保険料事前領収証(集金扱い専用紙)」と称する領収証を用いて現金を預かることはない。
6 再発防止策
現在、全容解明に向けて調査中であるが、調査結果を踏まえ、社員の営業活動状況の管理の徹底とキャッシュレス取扱いの更なる浸透を図る。また、私製の領収証による現金預かりを行うことはない旨のお客さま周知を徹底する等、全力を挙げて再発防止に努めていく。
7 元社員に対する処分
2022年9月14日(水)付けで懲戒解雇
8 警察への相談
所轄の警察署に被害状況を説明の上、2022年9月9日(金)に刑事告発を行った。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

SOMPOひまわり生命、代理店による保険会社へのメール連絡に伴う情報漏えいが発覚

生保

東京海上日動あんしん生命、保険代理店および保険会社間のメール連絡に伴う情報漏えいが発覚

生保

プルデンシャル生命、元社員が詐欺容疑で逮捕

生保

三井住友海上あいおい生命、委託業者における情報流出の可能性が判明

生保

三井住友海上あいおい生命、代理店による保険会社へのメール連絡に伴う情報漏えいが判明

生保

かんぽ生命、インパクト投資ファンド「インパクト・キャピタル1号投資事業有限責任組合」に出資

生保

かんぽ生命、2024年3月末ヨーロピアン・エンベディッド・バリューを開示

生保

日本郵政グループ、各社のサービスを1つのIDで~「ゆうID」で新たなお客さま体験を~

生保

かんぽ生命、車いすテニスの大谷桃子選手が全仏オープンに出場

損保

損保ジャパン、乗合代理店と保険会社間で発生した保険契約情報の不適切な情報管理が発覚

関連商品