新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

メットライフ生命、「メットライフ生命の森」森開き記念、看板除幕式を開催

メットライフ生命は、8月1日付で兵庫県、神戸市及び、公益社団法人兵庫県緑化推進協会と締結した「企業の森づくり活動への取組に関する協定」に基づき、去る9月8日(木)に、キーナの森(神戸市)の一部を「メットライフ生命の森」と名付け、森開き記念の看板除幕式を開催した。
今後は、森林の更新や下層植生の保全を目的として、社員による除伐などの里山保全活動をスタートする。
【看板除幕式】
日時:2022年9月8日(木)9:35~9:50
場所:キーナの森(神戸市北区山田町藍那)
主な内容:メットライフ生命保険株式会社代表者ほか挨拶、看板除幕式、記念撮影
主な出席者
(1)兵庫県
農林水産部治山課長 前嶋昭氏
(2)神戸市
建設局公園部計画課長 福田英明氏
(3)その他、関係団体
(公社)兵庫県緑化推進協会、(公財)ひょうご環境創造協会
(4)メットライフ生命保険株式会社
代表執行役会長社長最高経営責任者 ディルク・オステイン氏
執行役常務 チーフコーポレートアフェアーズオフィサーポール・マイルズ氏
執行役員渉外担当 瀧信彦氏
メットライフ生命では、同社のPurpose「ともに歩んでゆく。よりたしかな未来に向けて。」をより確実に実践することを目指して、サステナビリティを重要な経営の方針と位置づけて取り組んでいる。その重要課題の一つである、「豊かな地域社会の創造に寄与する」活動の一環として、神戸市と2022年6月9日付で包括連携協定を締結した。「企業の森づくり活動への取組に関する協定」は、その協定項目の一つである「環境サステナビリティに関する取り組み」に位置づけられている。同社では2023年2月に営業開始から50年を迎えるにあたり、このような取り組みを通じて、未来に豊かな森林や地球環境を引き継いでいきたいと考えている。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

メットライフ生命、日本MIT会の記念イベントに協賛

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】豊田信用金庫と共同寄付スキーム寄付金を贈呈

生保

富国生命、すまいる・こんさーと(岩手)開催

生保

ライフネット生命、環境保全に貢献する「みらいの森づくりプロジェクト」を実施

損保

アニコムホールディングス、『モロッコ大地震・リビア大洪水におけるどうぶつ救援募金』使途を報告

生保

朝日生命、東京湾UMIプロジェクト「アマモ場再生活動」を実施

生保

明治安田生命、「愛と平和のチャリティーコンサート2024」および三枝成彰氏による音楽授業「未来を奏でる教室」を開催

生保

ジブラルタ生命、ベルマーク運動への支援金額が1億円を達成~生命保険会社初

生保共済

日本生協連と石川県生協連、「令和6年能登半島地震」による被災県への支援金として300万円を石川県社会福祉協議会へ贈呈

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】中日信用金庫および埼玉縣信用金庫と2023年度共同寄付スキーム寄付金を贈呈

関連商品