新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

住友生命、大阪府との次世代スマートヘルスに関する共同プロジェクトを実施

住友生命は、大阪府(以下「大阪府」)と、デジタル技術を活用した府民の健康づくり(次世代スマートヘルス)の促進に、共同で取り組む。
住友生命は、2018年の健康増進型保険“住友生命「Vitality」”発売以降、「人生100年時代」と言われる長寿社会において、お客さま一人ひとりの健康状態の向上に貢献することで、健康長寿社会の実現を目指してきた。その実現に向けて、2021年4月から、保険契約と切り離してVitality健康プログラムの一部を提供する取組みを開始しているが、本プロジェクトでも活用し、府民の健康づくりに貢献していく。
また、次世代スマートヘルスに係るスタートアップ支援のための資金的支援環境づくりに協力し、この分野での大阪府との連携も進めていく。
住友生命は、大阪府との本プロジェクトを通じて、2025年の大阪・関西万博のテーマである「いのち輝く未来社会」の創造に向けた取組みを進めていく。
1.“住友生命「Vitality」”を活用した府民の健康づくりの促進
府民に広く健康づくりに向けた行動変容を呼びかけ、12週間無料でVitality健康プログラムの一部を、本年10月から提供開始する(申し込みは、スマートフォンを通じて専用サイトから手続きできる)。また、12週間の体験終了後も Vitality健康プログラムを継続できるよう、月額330円の2年間のプラン※を府民限定で提供する。
このプログラムの参加者には、健康診断の受診と健康関連データの提供を呼びかけ、そのための特典(ドリンクチケット等)を用意する。加えて、参加者の同意のもと、蓄積されたデータを用いて行動変容と健康状態に関する分析を行うとともに、大学等の研究機関と連携し、府民のQoL向上に資するデータの活用を検討していく。
※同プランは、生命保険に付保する月額880円のプランとは一部内容が異なる。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

メットライフ生命、日本MIT会の記念イベントに協賛

生保

住友生命、日本トムソン向けスミセイ・サステナビリティ・リンク・ローンを実行

損保

三井住友海上、Frontier Innovationsが組成する宇宙ファンドに出資

生保

住友生命、栃木県宇都宮市においてVitalityを活用した連携事業を開始

生保

住友生命、愛知県豊橋市においてVitalityを活用した連携事業を開始

生保

第一生命ホールディングス、丸紅による不動産事業分野における戦略的提携に関する覚書を締結

生保

住友生命、“「Vitality」”新CMバナナマン出演「それだけ、じゃ篇」放映開始

生保

住友生命、一時払終身保険の保険料率を改定

生保

住友生命、不妊治療と仕事の両立を支援するWhodo整場(フウドセイバー)のオンラインセミナーを七十七銀行に提供

生保

住友生命、東京大学などと共同で新たな一般社団法人「WE AT」を設立

関連商品