新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

住友生命、マルチクラウド接続基盤としてエクイニクス「Platform Equinix*(R)」を導入

住友生命は、エクイニクス・ジャパン株式会社(代表取締役社長小川久仁子、以下「エクイニクス」)が提供するマルチクラウド接続基盤「Platform Equinix(R)」を導入した。
1.導入の背景
住友生命は、「一人ひとりのよりよく生きる=ウェルビーイング(Well-being※1)」に貢献することで、「なくてはならない」生命保険会社を目指している。
その実現に向け、Vitality健康プログラムを中心とするWaaS(Well-being as a Service※2)エコシステムを構築し、様々なWell-beingサービスでお客さまとつながり、そこから得られる多様なデータの利活用を進めている。
今般、住友生命は「Platform Equinix(R)」を導入したことで、システムインフラを主要なクラウドサービスやネットワークに隣接配置することが可能になり、様々なクラウドサービスと安定的かつ効率的なシステム連携を実現できるようになる。今後は、パートナー企業とのデータ連携をはじめとした異業種企業とのシステム連携を加速し、一人ひとりのお客さまにより適したサービス、最適な保障の提供を目指していく。
※1 Well-beingとは、「健康」に対する新たな価値観であり、「身体的・精神的・社会的・経済的に幸せと感じる状態」、ひいては「そうあるための行動、選択、ライフスタイルを積極的に追求すること」である。
※2 WaaS(Well-beingasaService)とは、Well-beingに資するサービスエコシステムのことである。
2.Platform Equinix(R)について
Platform Equinix(R)は、世界70の都市圏で240以上のデータセンターを所有・運用するエクイニクスのグローバルデジタルプラットフォームであり、クラウドとの接続やセキュアな企業間接続を可能とする世界最大の相互接続エコシステムを有している。グローバルで10,000社以上にも上る企業から構成されるエコシステムにより、ネットワークサービス、ストレージ・サービス、コンテンツサービスなどを提供するサービスプロバイダーやあらゆるパートナー企業と、リアルタイムで相互接続が可能となる。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

住友生命、日本トムソン向けスミセイ・サステナビリティ・リンク・ローンを実行

生保

住友生命、栃木県宇都宮市においてVitalityを活用した連携事業を開始

生保

住友生命、愛知県豊橋市においてVitalityを活用した連携事業を開始

生保

住友生命、“「Vitality」”新CMバナナマン出演「それだけ、じゃ篇」放映開始

生保

住友生命、一時払終身保険の保険料率を改定

生保

住友生命、不妊治療と仕事の両立を支援するWhodo整場(フウドセイバー)のオンラインセミナーを七十七銀行に提供

生保

住友生命、東京大学などと共同で新たな一般社団法人「WE AT」を設立

生保

住友生命、The Empathy Project Ltd.へ出資、包括的なグリーフケアの取組みを開始

生保

住友生命、株式会社エナジードとの子どもの教育領域における事業共創を本格化

生保

住友生命、ニュートン・インベストメント・パートナーズが管理・運用する日本株ファンドに投資

関連商品