新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

第一生命、大阪大学大学院国際公共政策研究科と連携協定を締結

第一生命と大阪大学大学院国際公共政策研究科は、産学連携によるESG(Environment=環境、Society=社会、Governance=ガバナンス)インテグレーションを通じた社会課題の解決を目的として、連携協定を締結した。
本協定においては、特に大阪大学大学院国際公共政策研究科に設置されているESGインテグレーション研究教育センター(以下、「ESG-IREC」)と第一生命が共同で多様な研究プロジェクト等の協働取組みを実施していく。
ESG-IRECは、国立大学で初めてESGを専門に研究する機関として、センター長の星野俊也教授のもと、持続可能な未来の形成に向けて、企業のビジネス活動における望ましい「ESGインテグレーション」モデルについて、理論と実践の両面から研究・教育社会連携を推進していく。
ESG-IRECと機関投資家である第一生命が本協定を通じた協働事業を推進することで、ESG投資の更なる発展に繋げ、社会課題の解決に貢献していく。
◆本協定における主な取組み事項
本協定を通じたESG-IRECと第一生命による共同の研究プロジェクト等を通じた取組み事項の例は以下の通り。社会情勢の変化等を踏まえ、取組み内容は適宜変更することを予定している。
・ESGインテグレーション高度化に向けた研究
・資産運用ポートフォリオのカーボンニュートラルに向けた研究
・ESG要素によるリスク・リターンの実証研究
上記に加えて、人財交流を通じた協業の実施も予定している。第一生命のサステナビリティの取組み全般に関して外部有識者の知見による高度化を進めるべく、センター長の星野俊也教授をはじめとするESG-IRECとの連携を積極的に行う。また第一生命からESG-IRECに対して研究員の派遣等を行うことで、第一生命におけるESG投融資分野の専門人財(ESGアナリスト等)の育成につなげる。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

第一生命、生成AIを活用したチャットサービス「ICHI-to-Chat」のビジネス実証を実施

生保

アクサ生命、浜松市と健康経営の推進に関する連携協定を締結

生保

住友生命、栃木県宇都宮市においてVitalityを活用した連携事業を開始

生保

住友生命、愛知県豊橋市においてVitalityを活用した連携事業を開始

生保

第一生命、2023年『サラっと一句!わたしの川柳コンクール』ベスト10発表

生保

第一生命、「「RE100(100%再生可能エネルギー化)」達成企業に認定」を訂正

生保

第一生命、2023年度(2023年4月1日~2024年3月31日)業績を発表

生保

日本生命、東北大学×仙台放送×仙台市「眼からはじめるやさしい街づくり」連携協定を締結

生保

第一生命等、虎ノ門アルセアタワーのワーカーサポート施設の概要決定

生保

第一生命、【インパクト投資】TYPICA Holdings株式会社に投資

関連商品