新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

ソニー生命、米国カリフォルニア州南部連邦地方裁判所より、海外子会社から不正送金された資産の返還が認められる

ソニー生命が、昨年公表*したとおり、昨年5月、同社の海外子会社であるSA Reinsurance Ltd.(以下、「SA Re」とする)において、同社名義の銀行口座から同社が承認していない約170億円(約155百万米ドル)の送金が行われた。その後、同社元社員(当時SA Reに出向)が、昨年11月29日に本件に関し、詐欺罪の容疑で警視庁に逮捕され、送致、起訴に至り、また12月21日付で組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律違反(犯罪収益等隠匿罪)の容疑で追送致された。
本事案において外部送金された資産は暗号資産に転換されていたが、その後、米国において正当な権利者(所有者)に返還するための司法手続が進められ、当該暗号資産は、資産保全等の観点から米ドルへ転換され、今般(現地時間の本年7月12日)米国カリフォルニア州南部連邦地方裁判所より、SA Reへの返還を認める旨の判決の言渡しがあった。返還予定の金額は、約161百万米ドルである。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

かんぽ生命、札幌支店元社員による保険料詐取が判明

生保

SOMPOひまわり生命、代理店による保険会社へのメール連絡に伴う情報漏えいが発覚

生保

東京海上日動あんしん生命、保険代理店および保険会社間のメール連絡に伴う情報漏えいが発覚

生保

プルデンシャル生命、元社員が詐欺容疑で逮捕

生保

三井住友海上あいおい生命、委託業者における情報流出の可能性が判明

生保

三井住友海上あいおい生命、代理店による保険会社へのメール連絡に伴う情報漏えいが判明

損保

損保ジャパン、乗合代理店と保険会社間で発生した保険契約情報の不適切な情報管理が発覚

損保

三井住友海上、保険代理店と保険会社間の情報漏えいが判明

損保

あいおいニッセイ同和損保、代理店による保険会社へのメール連絡に伴う個人情報漏洩が判明

損保

アニコム損保、東京海上日動社によるシステム設定誤りに起因した情報漏えいについて発表

関連商品