シンニチ保険WEB

T&Dホールディングス、太陽生命、太陽生命、独立行政法人国際協力機構(JICA)が発行する「ピースビルディングボンド(平和構築債)」に投資

太陽生命と大同生命は、独立行政法人国際協力機構(以下「JICA」)が発行するピースビルディングボンド(平和構築債)への投資を決定した。
本債券の調達資金は、JICAの実施する有償資金協力事業のうち、紛争・内戦により影響を受けた(受けている)国・地域等に対する平和と安定や復興を支援する新規および実施中の事業に充当される予定である。
<本債券の概要>
発行体:JICA(R&Ⅰ格付け:AA+、S&P格付け:A+)
債券名称:第66回国際協力機構債券・第67回国際協力機構債
発行総額:110億円・130億円
償還期間:10年・20年
資金使途:同機構が実施する有償資金協力事業のうち平和と安定や復興を支援する新規および実施中の事業に充当
T&D保険グループ各社は、「T&D保険グループESG投資方針」に基づき、事業活動を通じて社会的課題の解決に貢献する取組みを進めてきた。
資産運用においては、「責任投資原則(PRI)」の考え方や、国連が提唱した持続可能な開発目標である「SDGs」などを踏まえ、環境・社会・企業統治の課題を考慮する「ESG投資」に積極的に取り組んでいます。社会的課題の解決に資する本債券への投資は、こうした取組みの一つである。
引き続き、太陽生命と大同生命は、責任ある機関投資家としての責務を果たし、持続可能な社会の形成に貢献できるよう努めていく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

大同生命、コートジボワール政府向けの投資を実施

生保

太陽生命、「太陽の元気プロジェクト」2021年度の取組みを公開

生保

太陽生命、中国銀行を通じ、「My年金Best外貨2」の販売を開始

生保

大同生命、BCP策定意向が拡大、リスク対策の意識が高まる~中小企業経営者アンケート6月度調査レポート~

生保

大同生命、アジア・アフリカの子どもたちに約26万食分の学校給食を寄付

生保

三井住友海上あいおい生命、JICAが発行するピースビルディングボンド(平和構築債)へ投資

生保

大同生命、中小企業経営者アンケート「大同生命サーベイ」2021年度年間レポートを公表

損保

セゾン自動車火災、JICAが発行するピースビルディングボンド(平和構築債)へ投資

生保

大同生命、神戸大学 経済経営研究所と共同研究を開始

生保

大同生命、東洋大学と共同研究を開始