シンニチ保険WEB

太陽生命少子高齢社会研究所、株式会社MCBIとの共同研究で、「歩行・思考・会話」する長期の活動が認知症リスクの低下につながる可能性を確認

太陽生命の子会社である株式会社太陽生命少子高齢社会研究所(以下、「研究所」)と、株式会社MCBI(以下、「MCBI」)が実施している同社従業員の医療データや血液バイオマーカー等を活用した共同研究において、同社で長年営業活動を行っている70~80代の従業員の認知症発症リスクの割合が、同年代の一般の人と比較して低いことがわかったので、6月14日「認知症予防の日」にあわせて発表した。
2021年1月より開始し2024年度の完了を目途に実施している本研究のなかで、同社従業員の「MCIスクリーニング検査」の結果を同時期の他の受検者と比較したところ、70~80代において同社従業員の免疫力が高く、認知症発症リスクが低いという傾向が明らかになった。
70~80代の同社従業員はすべて営業職員であり、提案活動やアフターフォロー等の営業活動により、認知症予防に効果的とされている、「歩く」「頭を使う」「コミュニケーションをとる」ことを、長年にわたり日常的に行っていることが本結果の一因であることが示唆される。
同社は、無料のスマートフォンアプリ「太陽生命の健康増進アプリ」を提供しており、どなたでも、歩数・睡眠の記録や日替わりの脳トレ等を通して生活習慣の改善に気軽に取り組んでいただけるほか、チャット形式で健康相談を行うことも可能である。
同社および研究所は、今後も健康増進につながるサービスの普及推進やそれに関連する研究成果の公表等により、「従業員」「お客様」「社会」のすべてを元気にする取組みを実施していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

太陽生命、「太陽の元気プロジェクト」2021年度の取組みを公開

生保

太陽生命、中国銀行を通じ、「My年金Best外貨2」の販売を開始

生保

朝日生命、東京大学との共同研究 社会連携講座「糖尿病・生活習慣病予防講座」の研究論文が複数の医学誌に掲載

生保

明治安田生命、早稲田大学と「健康経営と企業経営との関係性」の共同研究

生保

T&Dホールディングス、太陽生命、太陽生命、独立行政法人国際協力機構(JICA)が発行する「ピースビルディングボンド(平和構築債)」に投資

生保

大同生命、神戸大学 経済経営研究所と共同研究を開始

生保

大同生命、東洋大学と共同研究を開始

生保

太陽生命、「第13回全国中学生ラグビーフットボール大会」に特別協賛

生保

太陽生命、JAPAN RUGBY CHALLENGE SERIES 2022へ特別協賛

生保

太陽生命少子高齢社会研究所、地方自治体を対象に「産後ケア事業に関する実態調査」を実施