シンニチ保険WEB

太陽生命と大同生命、都市再生機構が発行する「ソーシャルボンド」へ投資

太陽生命と大同生命は、都市再生機構が発行するソーシャルボンドへの投資を決定した。
本債券の調達資金は、同機構が実施するソーシャルプロジェクトの財源として、社会課題の解決、また国連の持続可能な開発目標(SDGs)の達成に活用される。
◆本債券の概要
・発行体
都市再生機構(R&I格付:AA+、ムーディーズ格付:A1)
・債券名称
第179回都市再生債券(ソーシャルボンド)
・発行総額
200億円
・償還期間
40年
・資金使途
同機構が実施するソーシャルプロジェクト※に充当
※人口減少、少子高齢化、東京一極集中という経済社会構造上の大きな課題や、巨大地震や気候変動に対応するための防災、減災、老朽化対策といった、我が国が抱える社会的課題の解決を目的とした取組み。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

明治安田生命、アジア開発銀行が発行する「エデュケーション・ボンド」に投資

損保

損保ジャパン、世界銀行が発行する「サステナブル・ディベロップメント・ボンド」に投資

生保

大同生命、コートジボワール政府向けの投資を実施

生保

第一生命、クリーンエナジーコネクトへ投資

生保

太陽生命、「太陽の元気プロジェクト」2021年度の取組みを公開

生保

太陽生命、中国銀行を通じ、「My年金Best外貨2」の販売を開始

生保

住友生命、野村アセットマネジメントが運用する「グローバル・サステナブル・エクイティ・オープン投信」へ投資

生保

明治安田生命、欧州投資銀行が発行する「サステナビリティ・アウェアネス・ボンド」に100億円投資

生保

第一生命、Ubie社へ5億円投資

生保

大同生命、BCP策定意向が拡大、リスク対策の意識が高まる~中小企業経営者アンケート6月度調査レポート~