シンニチ保険WEB

日本生命、「ロジクロス相模原」着工

日本生命と三菱地所株式会社(以下「三菱地所」)は、神奈川県相模原市中央区淵野辺において進めてきた大規模マルチテナント型物流施設「(仮称)相模原市中央区淵野辺プロジェクト」について、プロジェクト名称を「ロジクロス相模原」(以下「本物件」)とし、2022年6月1日に着工した。
竣工は2023年12月1日を予定している。
本物件は、三菱地所が出資する特定目的会社と日本生命が事業主体となって開発している、延床面積約170,900m2の地上5階建てマルチテナント型物流施設である。本計画地は、国道16号線までのアクセスが至便かつ、圏央道「相模原愛川IC」より約6.8km、東名高速道路「横浜町田IC」より約10.8kmと両高速道路の利用が可能であるほか、東京都心から40km圏内、横浜から30km圏内と、地域配送・広域配送の両方に適した物流のプライムエリアに位置している。
本物件では、全フロアの専有部倉庫内にも作業用空調を実装するほか、共用部の大規模休憩室に施設内売店を併設するなど、労働環境の快適性向上を図る。また、免震構造の採用や48時間の施設稼働を想定した給排水設備や非常用発電機の設置を行うことで、テナント企業のBCP対策を支援する。
屋根面積約31,400m2の屋上には太陽光発電設備の設置を計画し、再生可能エネルギーを用いて施設内の一部電力を供給する。また、倉庫内の照明には1台ごとに制御可能な無線制御システムのLED照明を導入し、余分な点灯の抑制を行うなど、環境に配慮した施設を目指す。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、「ニッセイ・グリーンローン」の取り扱い開始

生保

日本生命、首都圏・近畿の賃貸オフィスビルで再生可能エネルギー導入を推進

生保

日本生命、「第3期データヘルス計画支援レポート」の提供開始

生保

日本生命、大阪・関西万博「大阪ヘルスケアパビリオン」のスーパープレミアムパートナーに決定

生保

日本生命、英独間国際連系送電線プロジェクトへ融資

生保

日本生命、7月5日付組織改正

生保

日本生命、「一般社団法人炭素会計アドバイザー協会」を設立

生保

日本生命、一部報道について発表

損保

日本生命、「ニッセイ名作シリーズ2023」について、劇団四季を迎え新たな演目の取組みを実施

生保

日本生命、ニッセイ国内株式クライメート・トランジション戦略ファンドへ投資