シンニチ保険WEB

日本生命、東京大学とのメンタルヘルスに関する共同研究を開始

日本生命は、東京大学と共同で社会連携講座「デジタルメンタルヘルス講座」を新設し、デジタルを活用したセルフモニタリングや将来予測、AIによる個人の属性に合わせたメンタルケアの開発に向けた共同研究(以下、「同研究」)を実施する。
心の健康は、個人だけでなく企業や組織などにとっても重要な課題であり、特にコロナ禍では、心の健康問題が大きな社会課題となった。これからの社会においては、労働者や地域住民の心の健康をデジタルツールで支える「デジタルメンタルヘルス」が重要と考え、同研究の実施に至った。
同研究では、東京大学大学院医学系研究科に研究室を設置し、AIなどのデジタル技術を応用したメンタルヘルスの手法開発ならびに、世界標準に基づく測定の精度およびメンタルケアによる効果の検証を行う大学内に、デジタルメンタルヘルスを専門として「労働者の心の健康」を研究する研究室の設置は世界初となる。
今後の展開として、効果検証を重ねた質の高いサービスを個人や企業・組織で広く利用することで、人々の心の健康の増進につなげることを目指す。
同社は、中期経営計画「Going Beyond-超えて、その先へ-」(2021-2023)において、健康長寿社会づくりの牽引を柱の一つに掲げている。今後も、既存のヘルスケアサービスを強化するとともに、メンタルヘルスといった新たな領域のサービス展開を通じ、お客様の健康寿命の延伸に貢献していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、「ニッセイ・グリーンローン」の取り扱い開始

生保

日本生命、首都圏・近畿の賃貸オフィスビルで再生可能エネルギー導入を推進

生保

日本生命、「第3期データヘルス計画支援レポート」の提供開始

生保

日本生命、大阪・関西万博「大阪ヘルスケアパビリオン」のスーパープレミアムパートナーに決定

生保

朝日生命、東京大学との共同研究 社会連携講座「糖尿病・生活習慣病予防講座」の研究論文が複数の医学誌に掲載

生保

明治安田生命、早稲田大学と「健康経営と企業経営との関係性」の共同研究

生保

日本生命、英独間国際連系送電線プロジェクトへ融資

生保

大同生命、神戸大学 経済経営研究所と共同研究を開始

生保

大同生命、東洋大学と共同研究を開始

生保

日本生命、7月5日付組織改正