新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

太陽生命、「告知緩和型死亡保険」、「選択緩和型先進医療保険」を新発売

太陽生命は、5月30日より、「告知緩和型死亡保険」(無配当選択緩和型定期保険(001))、「選択緩和型先進医療保険」(無配当選択緩和型先進医療保険(無解約払戻金型)(001))を新たに発売した。
◆新商品のポイント
<告知緩和型死亡保険>
・健康状態に不安のある人も申込みできる
・最高4,000万円まで死亡保障を準備できる※1
・満期祝金特則を付加することで、楽しみな満期祝金を準備することもできる
<選択緩和型先進医療保険>
・健康状態に不安のある人も申込みできる
・公的医療保険対象外である先進医療の技術料に備えられる※2
・医療機関への交通費や宿泊費等の諸費用に備えることができる
※1 40歳~45歳は最高3,000万円、46歳以上は最高2,000万円までとなる
※2 白内障の治療に関する先進医療を除く
同社はこれまで、健康状態に不安のあるお客様でも簡単な告知で申込みができる「保険組曲Best既成緩和」や「ひまわり認知症予防保険」を発売するなど、多様なニーズに応えてきた。
今般、新たに発売する「告知緩和型死亡保険」は、健康状態に不安のあるお客様でも簡単な告知により死亡保障を最高4,000万円まで準備することができる。
また、「選択緩和型先進医療保険」は、公的医療保険対象外のため、技術料が全額自己負担となる先進医療に備えてられる保障となっており、例えばがんの治療に使われる重粒子線治療のような高額な治療費や実施医療機関までの交通費、宿泊費などの諸費用に備えられる。
加えて、既に同社の選択緩和型保険に加入しているお客様の契約を新たな契約へと見直しすることができるようになり、より充実した保障を持つことが可能となった。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上日動、住まいの防災・減災情報の提供開始

損保

損保ジャパン、洋上風力発電所リスク評価モデルを刷新、保険引受の高度化に活用

生保

住友生命、不妊治療と仕事の両立を支援するWhodo整場(フウドセイバー)のオンラインセミナーを七十七銀行に提供

損保

あいおいニッセイ同和損保、東北大学および仙台放送が開発した企業向け運転技能向上トレーニングアプリ「BTOC」の提供を開始

損保

共栄火災、【業界初】国内旅行総合保険の救援者費用等補償特約の補償内容を拡大

損保

東京海上日動、【業界初】こどもの将来に向けた教育継続を支援する「教育継続支援特約」の販売開始

損保

損保ジャパン、戦略子会社少額短期保険「Mysurance」の累計契約件数が100万件突破

生保

太陽生命、森林(もり)、『森林教室』実施

損保

あいおいニッセイ同和損保、【業界初】個人向け傷害保険にAI身体機能分析「Care Wizトルトforme」を付帯

生保

アフラック生命、がん保険の累計支払金額が9兆円を突破

関連商品